>   > 郊外型作家対談! 「このミス大賞」深町秋...

 都市圏を日本文化の「表舞台」とするならば、「裏の土地」と呼ぶことができるだろう、地方や郊外。「ファスト風土」と呼ばれるその奇妙な、しかし必然的な発展は脚光を浴びたが、すでにその光景は変わりつつあるという。ここでは、郊外を舞台に物語を作る作家と映画監督の目を通し、現在のその姿に迫りたい。そこに存在する、"暴力"の予兆とは──?

1103_kogai.jpg
(写真/佐藤信太郎)

 国道沿いに大型チェーン店が並ぶ画一的な郊外の風景が、「ファスト風土」などと呼びならわされるようになって久しい。だがしかし、もはやそれすら荒廃しつつあるのが現状だという。埼玉は大宮を舞台にしたバイオレンス小説でデビューした作家・深町秋生氏と、山梨県甲府市郊外の国道沿いに生きる若者を描いた映画『国道20号線』で話題をさらった映画監督・富田克也氏は、郊外の現在をどう見ているのか?

──お2人は、映画、小説とジャンルは違いますが「郊外」を舞台に作品を作ってきたという共通点があります。今日は「郊外の今」について話を伺いたいと思います。富田監督の『国道20号線』では、冒頭でロードサイドの風景とパチンコ屋にいる主人公と彼女が映る。この2カットで全体像が説明される素晴らしい構成ですが、特に気になるのが衣装のジャージです。あれ、ガルフィーですよね?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載