>   > ハイパーメディアクリエイター・高城剛が語...

1103_dvd_tobira.jpg
(絵/小笠原徹)

──混迷する"斜陽大国"ニッポン。この先何が起こるかわからないこの国にあって我々がなすべきことは...... どんな刺激にも耐えられるよう、脳を鍛えておくことだ!! そのためには、刺激的な映像作品を目に焼き付けるしかない!! というわけで各界の著名人がセレクトしたタブー破りの刺激的DVD、とくとご覧あれ!!

『私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明』

 これ、マガジンハウスから2月末発売予定の新刊のタイトルで、私生活から仕事まで、自分の考え方や生き方をQ&A方式でまとめています、とまずは宣伝(笑)。でも、この本の原稿、まだ書いてるんだよね(汗)。

「職業不明」とある通り、僕は肩書に縛られて仕事をしてきたつもりはないけど、映像制作というのは、自分の中では中心的な位置を占めています。この間まで、台湾で観光キャンペーンCMの制作総指揮もしていたし。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権2017.2.23
  2. 2三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)2017.2.21
  3. 3羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは2016.12.12
  4. 4女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情2017.2.17
  5. 5菅田将暉になくて、伊野尾慧にあるものとは? 雑誌を占拠するジャニーズ、被写体としての実力を問う!2017.2.24
  6. 6美人度は政治家にとって必要か? 政策よりも資質と裏の顔を表す! グラビアとしての政治家公式写真2017.2.17
  7. 7“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪2017.2.22
  8. 8フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識2017.2.22
  9. 9小倉優子はベッド撮影がNGだった!水着が過激化したのは小池栄子のおかげ?下乳もM字開脚もNG!グラビアタブーの正体2017.2.21
  10. 10未成年との淫行疑惑で活動自粛中の【狩野英孝】に違法賭博疑惑も浮上か!?2017.2.6
サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載