>   >   > 自殺は個人の問題ではない! 社会問題解決...
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第10回

自殺は個人の問題ではない! 社会問題解決のため、我々がなすべきこと【後編】

+お気に入りに追加

【前編はこちら】

眼前の当事者の救済と長期的な環境作りの両輪

荻上 せっかくですので、自殺統計で明らかになった、特に強調すべき成果、特筆すべき傾向というのをあらためて語っていただけますか。

清水 やはり、地域によって亡くなる人の職種や立場が違うし、それぞれの属性によって抱えている要因も違うという、地域特性の存在ですね。失業率や有効求人倍率の問題が高いからといって一律に自殺が増えるということではなくて、その問題が連鎖、拡散しやすいような地域状況にあるときに、自殺の問題として表面化してくる。秋田では経営者の自殺率がどんどん下がっているのに対して、北海道では土木建築業者の自殺率が、青森であれば農林漁業者の自殺が多い。東京でも、足立区では失業者の自殺が多いし、練馬区では主婦の自殺が、新宿区では20代女性の自殺が多いとか、地域によってどういう職種、どういう立場の人が多く亡くなっているのかは、大きく異なっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載