>   >   > いまだ考える、『Q10』が投げかけたもの
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第11回

いまだ考える、『Q10』が投げかけたもの

+お気に入りに追加

既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら! ジェノサイズのあとにひらける、新世界がここにある!

q10_0220.jpg
『Q10』DVD-BOX

 放映終了から2カ月近く経って、いまだに『Q10』のことを考えている。年末まで放映されていたテレビドラマだ。脚本を担当した木皿泉は夫婦のユニット作家で、『すいか』(03)、『野ブタ。をプロデュース』(05)、『セクシーボイスアンドロボ』(07、以上すべて日本テレビ)など、視聴率こそ高くないものの熱心なファンを抱える名作を生み出してきた。

 そして始まった本作は、とても奇妙な物語だった。基本的には受験を間近に控えた高校3年生たちの群像劇なのだが、どこにでもいそうな彼らの前にロボットの少女=Q10(キュート)が現れる。主人公の平太は過去に大病を患っており、そのせいか回復した今もどこか無気力なところがある少年。そんな平太が、なりゆきからQ10の保護者的な存在となり、やがて恋をすることで変わっていく、というのが大まかなストーリーだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載