>   >   > ネットとの親和性を高めた『探偵オペラ ミ...

──大人も楽しめる日本のハイクオリティ・サブカルチャーのひとつ、アニメーション。日々進化し続ける技術と想像力に、どうついていったらいいのだろうか……。アニメの真の魅力を浮き彫りにする新批評。

2011年3月号 ANIMATIONクロスレビュー

■人気ラノベ原作、秋冬期一番の話題作か

1103_orenoimouto.jpg

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
原作/伏見つかさ
監督/神戸洋行
制作/AIC Build
TOKYO MXほかにて、10月より(12月19日終了)
高坂京介の妹・桐乃は文武両道かつ読者モデルまで務める女子高生だが、実は趣味・エロゲーの隠れオタク。その秘密を知ってしまった京介は桐乃のオタ活動に振り回される羽目になり、厨二病少女「黒猫」などと知り合う。累計280万部売り上げた人気ラノベが原作。


【批評家・宇野評】
★★★★★☆☆☆☆☆
もっとアニメならではの冒険を!
異常な状況の生む笑いと、オタク男子の欲望を女子中学生ヒロインに肯定させることによる消費者のヒーリングの両立……原作の練りこまれた仕掛けを忠実に再現した一作。これは同時に、原作のヒーリング効果が生む狭さと淡白さをも引き継いでいることを意味する(深夜アニメの視聴者は、もはやこの種のイイワケで癒されたい層だけでもないだろう)。妄想シーンのビジュアル化や原作改変をめぐるメタ言及など、アニメならではの冒険がもっと生きていれば。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」