>   > 六本木居住歴は27年、遊び歴は45年! ...
第1特集
通だけが知る六本木裏ガイド【3】

六本木居住歴は27年、遊び歴は45年! 芸能界の暴れん坊、宮西渡社長が語る"魔都市・六本木のいまむかし"

+お気に入りに追加

──東京という街の変化を象徴するように目まぐるしく変わりゆく街、六本木。そんなこの街に住み続け、また愛してやまない人物に、六本木の魅力について伺った。

roppogisuimyaku0220.jpg
画像は『六本木水脈』

 海老蔵暴行事件など何かと話題の絶えない街、六本木。首都高が街を横断し、高層ビルが立ち並ぶ日本の不夜城だ。そんな六本木に住んで27年、街の路地という路地を知り尽くした人物である、芸能プロ・Zプロモーションの宮西渡社長にこの街について伺った。

「27年前の六本木はというとね、上も下も道路が混んでいて、車が全然動かない。お店はどこも満席。バブルだね。バブル後には夜逃げなんかも見たけど、2000年ぐらいまで六本木って街はすごかったんじゃないの? 六本木にはおそらく数千軒の店がある。それがリーマンショック以降、約1000軒がつぶれた。今、経済がよくないんだよね。サラリーマンは、経費使えないし、タクシーチケットだって切れない。この景気をどうするか。六本木を活性化するには、スターが六本木でワァーっと騒いだらいいんですよ」

 暴行事件にドラッグの売買など危険なイメージのある六本木だが、実際にアブなくなったのはここ最近のことであるという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」