>   > 元ヤクザ・現牧師が語る「『罪の増すところ...
第1特集
神をも畏れぬ、"宗教と裏社会"の戦後史【2】

元ヤクザ・現牧師が語る「『罪の増すところ、恵みも増す』、元アウトローは、より信仰に忠実になる!」

+お気に入りに追加

──当特集【1】では日本の宗教団体と裏社会、それも主にヤクザとのかかわりについて解説しているが、ヤクザも人の子、利害関係抜きで、神にすがりたくなる時もあるのではなかろうか? 18歳で極道の道に入り、3度の服役を経験後、現在は牧師として活動する進藤龍也氏に聞いた。

yarinaoseru0220.jpg
画像は『人は必ずやり直せる』

 自分がヤクザだった時は、何かにすがりたい気持ちなんてなかったですよ。「撃たなきゃいけない」なんて場面が何度もあって、そういう時は20年刑務所に行くことも覚悟していた。だからそんなこと考えてる余裕はないです。「俺はヤクザなんだ」っていう矜持が自分を支えてましたから。今は違いますよ。神によって生かされているし、使命がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

インタビュー

連載