サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > クリント・イーストウッドのスピリチュアル...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第9回──【MOVIE編】【2】

クリント・イーストウッドのスピリチュアル系エンタメ『ヒアアフター』は賛否両論まっぷたつ!?

+お気に入りに追加

──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし!

2010年12月号 MOVIEクロスレビュー

■人気マンガ実写化ブームの頂点

1103_gantz.jpg

『GANTZ(前編)』
監督/佐藤信介
原作/奥浩哉 脚本/渡辺雄介
出演/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子ほか
配給/東宝 公開/1月29日
線路に転落した人を助けようとして電車に轢かれた大学生・玄野(二宮)と幼なじみの加藤(松山)。次の瞬間、彼らは見知らぬマンションの一室に立っていた。そこにはガンツ(GANTZ)と呼ばれる黒い球体があり、「元の世界に戻るには、パワースーツと武器を使って"星人"を殺せ」というミッションが与えられる──。後編は4月23日公開予定。


【映画文筆業・那須評】
★★★★★★☆☆☆☆
個々の事情を無視した戦闘がキモ
登場人物の背景を戦闘にからめるにはやや説明不足だが、まさに個々の事情を越えて戦闘シーンが暴走しているのが逆にキモ。バラバラと断片で現れたり消えたりする手足や人体破壊の描写は、痛みによって身体感覚を取り戻すためのスプラッタではなく、肉体を失うことで得られる自由の感覚に近く、無重力体験のアトラクションにも似ている。黒いガンツスーツは、そんな生死が曖昧な者たちの輪郭をかろうじて外側から形作っている命綱でもある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』