>   >   > クリント・イーストウッドのスピリチュアル...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第9回──【MOVIE編】【2】

クリント・イーストウッドのスピリチュアル系エンタメ『ヒアアフター』は賛否両論まっぷたつ!?

+お気に入りに追加

──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし!

2010年12月号 MOVIEクロスレビュー

■人気マンガ実写化ブームの頂点

1103_gantz.jpg

『GANTZ(前編)』
監督/佐藤信介
原作/奥浩哉 脚本/渡辺雄介
出演/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子ほか
配給/東宝 公開/1月29日
線路に転落した人を助けようとして電車に轢かれた大学生・玄野(二宮)と幼なじみの加藤(松山)。次の瞬間、彼らは見知らぬマンションの一室に立っていた。そこにはガンツ(GANTZ)と呼ばれる黒い球体があり、「元の世界に戻るには、パワースーツと武器を使って"星人"を殺せ」というミッションが与えられる──。後編は4月23日公開予定。


【映画文筆業・那須評】
★★★★★★☆☆☆☆
個々の事情を無視した戦闘がキモ
登場人物の背景を戦闘にからめるにはやや説明不足だが、まさに個々の事情を越えて戦闘シーンが暴走しているのが逆にキモ。バラバラと断片で現れたり消えたりする手足や人体破壊の描写は、痛みによって身体感覚を取り戻すためのスプラッタではなく、肉体を失うことで得られる自由の感覚に近く、無重力体験のアトラクションにも似ている。黒いガンツスーツは、そんな生死が曖昧な者たちの輪郭をかろうじて外側から形作っている命綱でもある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』