>   > Vシネ界のカリスマ監督・浅生マサヒロ氏が...
第1特集
ヤクザ映画に愛される拳銃名鑑【2】

Vシネ界のカリスマ監督・浅生マサヒロ氏が選ぶ! 映画で映えるヤクザな銃ベスト5

+お気に入りに追加

──銃器の所持が法律で規制されている日本では、なかなかお目にかかることのない銃たち。ここでは、浅生監督の膨大なモデルガン・コレクションの中から、映画で映える銃を狙い撃ち!

※採点の基準は、実用性=実際の殺傷性能。見た目=ドラマや映画での見映え。人気=実際の映画での使用頻度。

あの次元大介も愛用の逸品!

【No.1】S&W M19

1103_VW9A2298mini.jpg
1103_S&WM19_misedokoro.jpg

[主な登場作品]
『ルパン三世』『リーサル・ウェポン』『ブラック・レイン』『ブロークンアロー』など

[見せどころ]
M19のリボルバーは迫力大。ゆっくり弾を込めていく姿は、映画でもよく見るシーンのひとつ。


「万が一不発が起きても引き金を引き続ければ次の弾を撃てるし、.357口径でありながら、殺傷能力の高いマグナム弾も撃てる【※編注:口径とは、弾のサイズを表す単位】。そして、役者を食うほど派手ではないけど、存在感は抜群。はっきり言って、これ以上の銃はないんじゃないですか。あと、Vシネマ的にいうなら、銃の存在自体が兄貴分的。この銃は357マグナム弾と38口径の両方を使えるけど、同じ会社のチーフ・スペシャルに357マグナムは装弾できない。Vシネでは兄貴分がこの銃を、弟分がチーフを持っていれば、兄貴分が弾切れを起こしたとき、弟分が自分の弾を差し出すことはできるけど、弟分の弾が切れても、兄貴分の弾は頂けない。銃そのものが、キャラクター同士のヤクザ的縦社会を象徴してくれるんですよ(笑)」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」