>   > アウトロー写真館・内田裕也「69+2歳を...
第1特集
写真家・江森康之がレンズを通して見た裏社会【1】

アウトロー写真館・内田裕也「69+2歳を過ぎても現役のロックンローラー」

+お気に入りに追加

 さまざまな"裏社会"を見てきたアウトローな4人──内田裕也、沖山秀子、瓜田純士、岩橋健一郎──の生き様を紹介すべく、本誌「念力事報」でもおなじみの写真家・江森康之氏が、カメラを通し、彼らの"真の顔"に迫った。

「裏社会」。その言葉からは、一般に「ヤクザ」「ドラッグ」「ギャンブル」など、日本社会では"悪"とされるものが連想されるのではないだろうか。しかし、そうした世界から足を洗い、いわゆる「表社会」に身を置き換えた人たちは、世の中の暗い部分も、生死の狭間も、そして人との強固なつながりも経験してきた分、非常にまっすぐな、純粋な人が多いように思われる。

1103_uchida.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/江森康之)

「今回写真を出させてもらった4人の人たちは、共通して、みんな底抜けに優しいんですよ。強い芯の中に、すごく純粋なものを持っている人たち。だからこそ、カメラを向けた瞬間、みんなすぐにそその世界観に入り込むし、すごく強い目をしてるんだと思う」(写真家・江森康之氏)

 本企画で取り上げたのは4人。家族を顧みず、自分の思う「ロックンロール」を貫き通す内田裕也。刑務所を出所し、格闘家にVシネ俳優、エッセイストとさまざまな活動を行う瓜田純士。個性派女優として故・黒澤明監督にも評価され、ジャズシンガーとして活躍した沖山秀子。そして、20年間暴走族を追い続けているジャーナリストの岩橋健一郎だ。

 09年に出版された著書『内田裕也 俺は最低な奴さ』(白夜書房)では、60代最後のヌードを堂々と披露し、09・10年には事業仕分けにも「ロック代表」として乗り込むなど、数々の逸話を残し続ける内田氏。今なおロックンローラーとして、己の道を突き進んでいる。今回、取材を進めていた11年1月は、ハワイに滞在中だったため直接話を聞くことはできなかったが、撮影をした江森氏は言う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」