>   >   > 【どげせん】──『バキ』作者が仕掛ける最...
ニュース
"簡単にできる"が"簡単にしてはいけない"秘技!!

【どげせん】──『バキ』作者が仕掛ける最強の"土下座"マンガとは?

+お気に入りに追加
1103_gedosen.jpg

 今、多くのマンガ読み&業界関係者から異例の注目を集めている作品といえば、2010年11月に「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で始まった『どげせん』ではないだろうか。一見頼りなげな田代まさし似の高校教師が、斬新な秘技とともに活躍する物語である。その技とは、なんと「土下座」……そう、マンガ史上初の"土下座マンガ"なのだ!

 作者は、謎のマンガ家「RIN」(某ベテランマンガ家の新ペンネームという噂)。そしてその横で「企画・全面協力」としてクレジットされているのが、『バキ』シリーズで知られる板垣恵介。『グラップラー刃牙』を肉弾格闘のドラマとすれば、本作が繰り広げているのはその対極、"心理の格闘"かもしれない。

「おかげさまで連載開始直後から大反響をいただいています。"土下座"というテーマは板垣先生がご自分の作品として長年温めていたもので、RIN先生と雑談をしているうちに盛り上がってチーム制作を、という流れがあったようです」と語るのは、「漫画ゴラク」の担当編集・岩田裕介氏。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載