>   > ネットの後追いに過剰演出 マスメディアと...
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

ネットの後追いに過剰演出 マスメディアとしてのテレビの存在意義を問う!

+お気に入りに追加

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ" プレミアム"な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!「プレミアサイゾー」無料キャンペーン実施中! 今ならタダで全記事読み放題!!

1102_nihontv.jpg
日本テレビ公式ホームページより。

 ネットの台頭とともに、テレビをはじめとしたマスメディアの衰退が叫ばれているのはみなさんご承知の通り。そんな中で、昨年の春から続いている日本テレビの労働組合と同局の争いが話題となりました。この問題では、かねてより高収入といわれてきたテレビマンの給与体系が明らかになるかもしれないと注目を集めています。というのも、粗製乱造されるバラエティ番組に、度重なる偏向報道などテレビが抱える問題は山積み。はたして「テレビマンにそれだけの給与が与えられる資格があるのか?」という疑問が生じるのは当然のこと。今回の騒動で、テレビ局みずからが"テレビの価値"という問題を浮かび上がらせてしまったといえるのではないでしょうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載