>   > 「GOSSIPS PRESS」編集長が語...

──セレブをめぐるトホホな状況は前述したが、ここでは、日本初の海外ゴシップ雑誌編集長のインタビュー、そして最新のセレブ暴露本事情など、彼女らの一挙一足を報じるメディアの動きに目を向けてみたい。

0809_gossips_henshucho.jpg
今注目しているセレブは「アメリカでもTV
ドラマの人気が過熱しているので、ドラマ
で活躍中のヴァネッサ・ハジェンズやマイ
リー・サイラスなどの新人セレブです」と語
る、大柳葵理絵編集長。
(写真/辰巳千恵)

 昨年誕生した日本初の海外セレブ専門ゴシップ誌「GOSSIPS PRESS」。同誌の大柳葵理絵編集長に、メディア側から見たセレブの魅力、そしてゴシップ誌には欠かせないパパラッチについて話を聞いた──。

 海外セレブやハリウッドセレブだけを扱う雑誌として、実験的に昨年6月にテスト号を出したんです。アメリカではセレブのゴシップを取り上げた雑誌が、近年、常に売り上げの上位にランクインしているんですが、まだ日本にはその手のものがなかったので、受け入れてくれるかどうかはホントに未知数でしたね。でも、そのテスト号の売り上げが初日から良かったことで、このジャンルでも勝負できるという手応えを得ることができました。

 現在の読者層は9割が女性で、少しずつ男性読者も増えてきています。諸説あるでしょうが、弊誌が取り上げる"セレブ"の定義は、ハリウッドスターにしろ、スーパーモデルにしろ、世界中の人々が憧れる人。中でも読者に人気のあるセレブは、アンジェリーナ・ジョリーとパリス・ヒルトンですね。片やアンジェリーナはブラッド・ピットと70億円の豪邸に住み、一方のパリスは来日したときに渋谷の109でショッピングを楽しんでいる。そんなセレブの意外な素顔や優雅な私生活に、みんな関心があるんでしょう。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』