>   > コワモテのトレンド最前線! 暗黒街に蠢く...
猛犬注意! うっかり撫でると怒鳴られる?

コワモテのトレンド最前線! 暗黒街に蠢く"犬ブランド"の正体

+お気に入りに追加

 一般社会がペットブームに沸く前から、裏社会では"ドッグブーム"が巻き起こっていた! といってもそれは、ペットとしての犬ではなく、ファッションキャラクターとしての犬の話。

0809_inubrand.jpg
【1】歌舞伎町にいらっしゃった御仁。ご覧
のように、犬のロゴは控えめなのが最近の
主流だ。【2】格式高い英国産のブランド「H
ARDY AMIES」は、お値段高め。【3】ワンポ
イントが可愛らしい「VAGIIE」。【4】犬という
よりも犬っぽい動物? 「ANGELO GARBA
SUS」。【5】ミドルエイジに人気のブランド
「ORIENT」。【6】ドジな犬がほほえましい
「PAGELO」は、価格もお手頃で若者に人気。

「1990年代初頭あたりから、コワモテやチンピラの間で、犬のキャラクターロゴをあしらったカジュアルウェアが流行し始めたのをご存じでしょうか? 夜の歌舞伎町なんかはそれこそ一時期、どこもかしこも"犬だらけ"でしたよ」と語るのは、実話誌のヤクザ担当記者。なるほどたしかに言われてみれば、歌舞伎町に限らず、ガラの悪いエリアの競輪場や雀荘やスナックなどで、犬のロゴ入りジャージやブルゾンを着たコワモテを度々見かけた記憶がある。

 この裏社会の犬服ブーム、いったいどこから火が付いたのだろうか?

「火付け役と言われるのは、ICEBERGというイタリアのブランド。80年代の後半に、可愛い犬の絵柄をデカデカと刺繍した服を日本で売り出したところ、一部のヤクザや芸能人の間で人気になった。ビートたけしさんや北島三郎さんも、当時はICEBERGの愛用者だったようです」(都内の洋品店店主)

 しかし、ブルゾン1着30万円、セーター1着10万円という高級ブランドであったため、末端のチンピラには手の届かない商品だった。

「そこで複数の国産メーカーが90年頃、それぞれオリジナルの犬柄をあしらった衣服を格安価格で売り始めたところ、コワモテ層の間で爆発的なヒット。以後、類似品が続々と出回り始め、最盛期の99年頃には、30種類以上の"犬ブランド"が林立するようになったんです」(衣類問屋関係者)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』