>   > 溺愛され、ゴミのように捨てられる"歪みき...

 本特集をこれまでをご覧になって、ペットフード、ペット用品、生体、サービス業、医療分野と、いかにペットビジネスが盛り上がっているかを理解していただけただろう。実際、現在のペットビジネスの市場規模は、1兆円とも、1.5兆円を超えるともいわれ、2010年までには2兆円にまで膨れ上がることが予想されている。この大フィーバーぶりについて、『ペットビジネスから犬や猫を守る』(しののめ出版)の著者であり、特定非営利活動団体日本ヒューマン&ペット協会会長の作左部和雄氏はこう話す。

「全国の犬猫の飼育頭数は、2516万5000頭(05年/ペットフード工業会調べ)と増加傾向にある一方、15歳以下の人間の子どもの数は1765万人(05年/総務省調べ)と減少傾向にあります。つまり、少子高齢化の進む日本では、いまや子どもよりも犬猫のほうが多い時代といえます。ペットが家族の一員となったいま、犬の場合、グッズをはじめトリミングやペットホテル、しつけ教室、葬儀ビジネスといった"サービス業"を主体に、その市場は、ここ5年で急成長を遂げています。特に最近はペットの平均寿命が延び、急速な高齢化が話題になっていますので、介護分野に注目が集まっていますね」

 しかしその一方で、本特集内でさんざん口を酸っぱくして指摘しているように、全国の保健所に収容される犬猫の個体数は、37万4160頭(06年)にも及び、そのうち34万頭以上が殺処分されている。イギリスやドイツなど、ペット先進国に比べると収容個体率が高いのだ。ペットに愛情と金を惜しみなく注ぐ飼い主が増えているはずなのに、なぜこのような不幸な犬猫が後を絶たないのだろうか? これには、日本人のミーハー根性が深く関係しているという。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」