>   > プロが読む犬猫本の大ベストセラー あの"...
ソフトバンクのCMで一躍人気になった......

プロが読む犬猫本の大ベストセラー あの"カリスマ獣医"が犬猫ブーム商品を一刀両断!

+お気に入りに追加

──フェレットブームの火付け役としても知られる、「野村獣医科Vセンター」院長にして"カリスマ獣医"である野村潤一郎氏。ちょっぴり辛口な氏独自の視点からは、昨今の犬猫ブームに乗っかった数多くの商品がどう見えるのか?

1102_gentei_inuneko.jpg
野村潤一郎氏による共著『犬を飼う資格!?
犬検』

「本が売れない時代」と言われる中、ブログから生まれた猫のフォトエッセイ『はっちゃん日記』(青心社)が6作目を数え、累計10万部以上を売り上げている。そのほか、猫モノを中心に、犬猫を扱った写真集は順調に版を重ねている。なぜこれほどまでに犬猫本がもてはやされるのか? 自らもプライベートで120頭以上の動物を飼育しており、辛口でも知られる"カリスマ獣医"の野村潤一郎氏は、その背景をこう語る。

「人間は、心を満たさないと生きていけない動物。現代は人と人とのかかわりが希薄で寂しい時代でしょ。だから、変わらない愛情で応えてくれる相手が必要。それが犬と猫なんですね」

 確かにどの犬猫本も、癒やし、なごみといった言葉がセットになっている。

「実際は、ペットなんて癒やされるものじゃないんですよ。ウンコ、オシッコ、病気、抜け毛......キレイごとばかりじゃない。実際に犬猫を飼っている飼い主は、動物のそういった"闇"の部分を知っていますから、こういう本はあまり読まないかもしれませんね」


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』