>   > 売り上げ部数では、芥川・直木賞を圧倒! ...
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【2】

売り上げ部数では、芥川・直木賞を圧倒! 不満が漏れる「本屋大賞」の実態とは!?

+お気に入りに追加

──2004年に産声を上げて以来、その受賞作が軒並み30万部以上のヒット作となっている「本屋大賞」。しかしその重要度の上昇、世間的な認知の広がりと共に、内外から不満や疑問の声も上がってきているという。一体、本屋大賞とはどんな賞で、どれほどの影響力があるのか? その実態を追った。

1102_jyushousaku.jpg
歴代本屋大賞受賞作と発行部数
↑画像をクリックすると拡大します。

 本屋大賞とは、全国の書店員が一番売りたい本を投票で選ぶ賞であり、「書店員の投票のみで大賞が決定する、開かれた新しい形の文学賞」である。2004年に第1回がスタートして以来、今年で8回目を数える。第1回の小川洋子『博士の愛した数式』(新潮社)をはじめ、歴代の1位作品にはずらりとベストセラーが並ぶ。

 昨年11月24日付の朝日新聞の記事「崩れゆく『壇』の権威」では、直木賞との勢いの差が明かされた。09年の本屋大賞1位『告白』(湊かなえ・双葉社)は70万部で、直木賞『鷺と雪』(北村薫・文藝春秋)は10万部、そして昨年の本屋大賞1位『天地明察』(冲方丁・角川書店)は38万部で、直木賞『小さいおうち』(中島京子著・文藝春秋)は11万部と、販売に対する影響力では本屋大賞の圧勝だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』