>   >   > 見どころは石原さとみと大島優子のみ!? ...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第8回──【DRAMA編】

見どころは石原さとみと大島優子のみ!? 『霊能力者小田霧響子の嘘』

+お気に入りに追加

──ついに"ドラマの帝王"木村拓哉ですら視聴率の取れなくなったドラマ大恐慌時代。そんなテレビ離れ世代にこそ見て欲しい、テレビマンたちの力とは? ドラマの見方が変わる新目線批評。

2011年2月号 DRAMAクロスレビュー

■嵐・二宮、"自分探し草食男子"に

1102_freeter.jpg

『フリーター、家を買う』
脚本/橋部敦子 演出/河野圭太、城宝秀則
原作/有川浩
出演/二宮和也、浅野温子、香里奈ほか
フジテレビにて10月より毎週火曜21:00~(12月21日終了)
三流大を出て就職するも3カ月で退社し、バイトも続かずにいた誠治(二宮和也)は、母・寿美子(浅野温子)の鬱病をきっかけに、土木系企業でアルバイトをはじめる。そこでさまざまな人と出会い、やりがいを見つけていく姿を描く。


【批評家・宇野評】
★★★★★★★☆☆☆
「再保守化する日本」の横顔
原作は現代的な自分探し「フリーター」が、「道路」をつくる「会社」に入り「家」を守る肉食系に脱皮する過程を、巧みにその保守イデオロギーを隠蔽しつつ展開した秀作だ。こう考えると草食系の象徴である「嵐」二宮を主役のフリーター青年に、彼が救うべきその母(専業主婦)にトレンディドラマの象徴・浅野温子というキャスティングは極めて批評的。演出は手堅く、配役で戦う。ドラマならではの手法としては王道だが、いい加減凡庸でもある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」