>   > 金融業界──UFJはボーダー、みずほはア...

──昨今、好調が伝えられたメガバンク3社だが、新しい国際的金融規制やウィキリークスが予告するアメリカ大手銀行の暗部など、金融業界の勝敗は海外からの動きに左右されるようで……。

1102_kinyu_ill.jpg
(イラスト/都築潤)

勝ち企業

三菱東京UFJ銀行
海外進出には一歩リードしているが、巨額を投じて買収したモルガン・スタンレーをコントロールできてないため、内紛説が囁かれている。

三井住友銀行
日興コーディアルを傘下におさめ、次は大和証券グループに買収を仕掛け、弱点を補おうとしている。

負け企業

みずほ銀行
「みずほ」と「みずほコーポレート」という2つの銀行が共存しているいびつな関係に加え、海外進出にも出遅れている。

新銀行東京
言うまでもなく、もはや死に体。石原慎太郎東京都知事の選挙公約により発足したが、知事が交代した後は、整理されるのは火を見るより明らか。

 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクを頂点とする金融業界。直近の決算では3行とも好調な数字を上げているが、利益の大半は"国債バブル"が生んだトレーディング益によるもの。依然として、本業である貸し出し業務は伸び悩んでおり、各社の株価も他業種に比べてさえない。

 そうした状況を踏まえ、ジャーナリストの須田慎一郎氏は、3メガバンクの「勝ち組・負け組」を決めるのは今後の海外進出の成否次第と指摘する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載