>   >   > 【池田学】──麻原彰晃をも描いた画家のペ...
ニュース
気鋭のアーティストが人間を白い余白で描く理由とは!?

【池田学】──麻原彰晃をも描いた画家のペンが生む、壮大な世界

+お気に入りに追加
1102_ikedagashu_naka.jpg

 巨大なキャンバスに描かれた奇想天外な城郭。そこで繰り広げられる奇妙奇天烈な合戦。丸ペンで描き込まれた緻密なディテールの集積が観る者を圧倒する。そんな超大作『興亡史』をはじめとした作品が世界的にも高い評価を受ける画家・池田学の初画集『1』が、昨年末に刊行された。さながら1本の大作映画を想わせる壮大な池田作品のルーツは、どこにあるのだろう?

「趣味のロック・クライミングですね。卒業制作であり、現在のスタイルを確立した『巌ノ王』は、登りたい岩を増殖させた作品。僕の絵で頻繁に描かれる蟹や昆虫に対しても、"この甲羅を登ったら面白いだろうな"という気持ちが、どこかにあります(笑)」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載