>   >   > "島田紳助外し"の流れが加速中! 本人も...
ニュース
しゃべりの帝王、ついに凋落

"島田紳助外し"の流れが加速中! 本人もテレビには執着なし?

+お気に入りに追加
1101_ns_shinsuke.jpg
名プロデューサーは自分の引き際もわきまえてる?

 地上波で6本のMC番組を抱え、"テレビ界の帝王"として君臨してきた島田紳助。だが、この4月の番組改編で、『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ)と『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS)の打ち切りが噂されるなど、業界の紳助離れが加速しているという。

「『ヘキサゴン』は、昨年10月の秋のスペシャルでも視聴率が10%に届かなかったし、『プロデュース大作戦』も、紳助が昨年4月の番組スタート時に『1年間で視聴率を2桁にする』と宣言したが、最近は1桁が当たり前。これまでは"紳助枠"ということで、打ち切りになったとしても、後番組でも紳助が起用される可能性が高かったのですが、今回はそうはいかないでしょう」(某制作会社プロデューサー)

 なぜ、紳助が起用されづらくなっているのか? あまりに露出が増えすぎたため、視聴者から飽きられているというのもあるが、それ以上に彼の人望のなさに原因があるという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』