>   >   > "島田紳助外し"の流れが加速中! 本人も...
ニュース
しゃべりの帝王、ついに凋落

"島田紳助外し"の流れが加速中! 本人もテレビには執着なし?

+お気に入りに追加
1101_ns_shinsuke.jpg
名プロデューサーは自分の引き際もわきまえてる?

 地上波で6本のMC番組を抱え、"テレビ界の帝王"として君臨してきた島田紳助。だが、この4月の番組改編で、『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ)と『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS)の打ち切りが噂されるなど、業界の紳助離れが加速しているという。

「『ヘキサゴン』は、昨年10月の秋のスペシャルでも視聴率が10%に届かなかったし、『プロデュース大作戦』も、紳助が昨年4月の番組スタート時に『1年間で視聴率を2桁にする』と宣言したが、最近は1桁が当たり前。これまでは"紳助枠"ということで、打ち切りになったとしても、後番組でも紳助が起用される可能性が高かったのですが、今回はそうはいかないでしょう」(某制作会社プロデューサー)

 なぜ、紳助が起用されづらくなっているのか? あまりに露出が増えすぎたため、視聴者から飽きられているというのもあるが、それ以上に彼の人望のなさに原因があるという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載