>   > 1000億円市場のグラビアアイドル市場は...
グラビアアイドル、絶滅寸前!【1】

1000億円市場のグラビアアイドル市場は、すでに崩壊間近!?

+お気に入りに追加

0810_idol_ill.jpg
(絵/竹井千佳)

──9兆3300億円ともいわれるエンタメ市場だが、ある芸能プロ幹部によると「そのうち、グラビアアイドル市場は1000億円にも満たない」という。そんな小さなパイをめぐり、"当たれば、将来は女優、そしてCMの女王"とばかりに、芸能プロはこぞって若い金脈をグラビアに登場させてきた。しかし、長年殿方の目を癒してきたグラビアアイドルが、凋落の一途をたどっている──。
(本記事は2008年10月号掲載のものを再構成したものです。)

 グラビアアイドル業界は、ここ2~3年ですっかり冷えきったという。その現状と理由は本特集内で解説していくが、とにかくグラビアアイドルを多数抱える中堅芸能プロダクション社員のほとんどは、「不況、不況!!」と嘆いている。
 
 もちろん、彼女らがもっとも活躍する雑誌や写真集といった出版業界の不況が主だった理由のひとつであることに疑いはないが、こうした写真集、もしくはイメージDVDのリリースが、彼女らのメディアへの露出を限定し、不況を助長しているという。

「大手書店などが発表する、写真集やイメージDVDの売り上げランキングといえば、グラビアアイドルの人気バロメーターとして挙げられますが、これらはかなり作為的な部分が大きい。書店では、写真集やDVDの発売に合わせてイベントを開催するのですが、『2冊購入すれば、ツーショット撮影』や『3枚購入すれば、水着撮影』などの特典をエサに、ひとりにつき複数の商品を購入させるのが常套手段。そこでの売り上げ枚数がそのままランキングに反映されますからね。ですが、イベント以外での販売数は驚くほど少なく、中にはまったく売れないものも多いんですよ(苦笑)。さらに、もっとも大きな反響が期待できる『ランク王国』(TBS)といった情報番組のランキングは、写真集は書泉ブックマートなどの書店集計を、DVDは石丸電気『ISHiMARU SOFT1』の売り上げを基にしています。秋葉原のソフマップやラオックス、ラムタラなどは入らない。そのため、集計元となる店のイベント枠は、すでに知名度を獲得しているアイドルや大手芸能プロ・系列プロのタレントが占めるため、秋葉原では南明奈らS級アイドルよりもJr.アイドルのほうがはるかに売り上げ枚数・冊数は多いにもかかわらず、ランキングには見知った名前しか出てこない。バーターは別として、番組制作側がグラビアアイドルを起用する際、これらランキングを参考にすることも多い。出演するコが偏るのはこうした理由もあります」(芸能プロ関係者)

 そんなことが災いしているのか、グラビアアイドル市場にも、昔とは違った変化が表れているという。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年1月号

「SEX」新論

「SEX」新論
    • 【現代アート】のセックス表現
    • 感じる【ドラマ】のエロシーン
    • 規制をかいくぐる【地上波エロ描写】
    • 鬼畜エロを描く【野島伸司】
    • 日本人【巨乳】受容の70年史
    • 【大澤玲美】美巨乳をかく語りき
    • 米音楽業界【セックスシンボル】学
    • ゲイの【セックスシンボル】像とは?
    • 【ハメ撮り】とエロ動画の考現学
    • 【中国】がハメ撮り大国になる!?
    • 【フェミニズム】セックス論の歴史
    • 【セックス議論】を牽引した9冊
    • 決定!【ちんこ】の新しい単位
    • 【セックス論文】の真意を読む
    • 【性】を通して社会を見る2冊
    • 【海外】で紹介される日本の性風俗
    • 【東京】ナイトライフ案内
    • 【男色】が武士の出世を左右したワケ
    • 時代で見る【男色】文化の変化
    • 【井原西鶴】の最大傑作は男色だった?

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【森咲智美】不適切な愛人バディ

小池と都ファの報道モンダイ

小池と都ファの報道モンダイ
    • 【都知事】スキャンダル頻出のワケ
    • 【小池都知事】は本に何を描くか?
    • 【都知事本】7冊読み比べ
    • 【メディア】は都知事の味方か?
    • 【小池都政】が目指す条例制定の動き

NEWS SOURCE

    • 【紅白&レコ大】で芸能界2大巨頭がバトル
    • 【ライザップ】負ののれん代と株操作
    • アベマか総合か?【日馬富士】争奪戦

インタビュー

    • 【加藤梨里香】アツい演劇論がほとばしる女優
    • 【東京ゲゲゲイ】ドリカムも絶賛するエンタメ集団
    • 【沖田臥竜】ペンを武器に息巻く元ヤクザの夢

連載

    • 【都丸紗也華】毎日体型が変わるんです。
    • 偶然の導きで体操を始めた少女
    • 【安室奈美恵】を愛してマスカット
    • 日本社会が直面するデジタル革命の理想と現実
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【田中裕二】イチ野球ファンとして語る
    • 【家電】が楽器にリボーンする祝祭
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【座間殺人事件】なぜ異常な殺人を犯したか?
    • 【精神障害者】と座敷牢の真実
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『否定と肯定』
    • 【カタルーニャ】独立宣言の真意
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/新しい地図と古い地図
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【泣き虫チエ子さん】子どもを作らないことを選択する幸福論
    • バーレスクダンサーのチラリズム
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、滅びつつ栄えるポルノの国で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』