>   > 白石なごむ──事務所に所属しなくてもアイ...

──かつては芸能プロダクションが完全に"生産管理"していたアイドル。地下アイドルの出現により、ここ数年でそのシステムは瓦解しつつあったが、さらなる新形態がコレかもしれない。

1101_shiraishi.jpg
(写真/早船ケン)

「今、アキバアイドルが熱い!」と聞かされたのは、3年前、サエキけんぞう氏からだった。それが真実だったことを、その後AKB48の活躍という形で目の当たりにすることになる。そして、AKB48は氷山の一角にすぎない。今秋葉原には、かつてより広範に、アキバアイドル・シーンが展開されている。サエキ氏が手掛ける白石なごむは、最新の"自称アイドル"。

「アイドルを"自称"しているところがポイントなんです。僕が手掛けているといっても、やっているのはあくまでエクゼクティヴ・プロデュース。僕がなごむちゃんに『アイドルになりなさい』と言ったわけではないし、彼女の場合、音楽もセルフ・プロデュースしているんです」(サエキ)

 2人の出会いは、サエキ氏が主催している地下アイドル・オンリーのイべント「TOgether」だった。そのイベントは、出演者中、事務所に所属している人はゼロ。かつてアイドルと言えば、文字通り、誰かに作られた"偶像"であり、芸能プロダクションが、そのアイドルをどう見せていくかの主導権を完全に握っていたものだが......。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権2017.2.23
  2. 2三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)2017.2.21
  3. 3羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは2016.12.12
  4. 4女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情2017.2.17
  5. 5菅田将暉になくて、伊野尾慧にあるものとは? 雑誌を占拠するジャニーズ、被写体としての実力を問う!2017.2.24
  6. 6美人度は政治家にとって必要か? 政策よりも資質と裏の顔を表す! グラビアとしての政治家公式写真2017.2.17
  7. 7“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪2017.2.22
  8. 8フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識2017.2.22
  9. 9小倉優子はベッド撮影がNGだった!水着が過激化したのは小池栄子のおかげ?下乳もM字開脚もNG!グラビアタブーの正体2017.2.21
  10. 10未成年との淫行疑惑で活動自粛中の【狩野英孝】に違法賭博疑惑も浮上か!?2017.2.6
サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載