>   >   > かわぐちかいじが描く歴史改変SF『僕はビ...

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年1月号 COMICクロスレビュー

1011_shigurui.jpg

■血しぶき飛び散る男たちの戦い、完結!
『シグルイ』(15巻)
作/山口貴由
原作/南條範夫
掲載/「チャンピオンRED」(秋田書店)
価格/580円 発売日/10月20日
南條範夫の時代小説短編連作「駿河城御前試合」を原作とした時代劇マンガ。盲目・跛足の復讐鬼・伊良子清玄と、彼と浅からぬ因縁を持つ隻腕の剣士・藤木源之助が、真剣を用いた御前試合で相まみえたことから、過去にさかのぼり彼らが宿命の対決に至るまでを描く。特徴的な絵と肉体描写の克明さなどで評判を呼んできた作品がついに完結。


【脚本/演出家・麻草評】
★★★★★★★★★☆
繰り返された輪郭の破壊が結実
無明の闇では、己が身ですら曖昧に変わるという。ためしに目を閉じてあたりを触ると、机、パソコン、モニターの在り処がわかる。さらに強く触れば、それらを触る己の身、その輪郭が際立つ。本作にて描かれてきた極端なアクションとリアクションの連鎖は、互いの肉体とその自我の輪郭を濃く太く際立たせてきた。だがあまりに強いその抱擁は張り詰めた輪郭線をも破壊する。幾度の破壊を経てたどり着いた最後の刻を刮目して見よ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」