>   >   > かわぐちかいじが描く歴史改変SF『僕はビ...

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年1月号 COMICクロスレビュー

1011_shigurui.jpg

■血しぶき飛び散る男たちの戦い、完結!
『シグルイ』(15巻)
作/山口貴由
原作/南條範夫
掲載/「チャンピオンRED」(秋田書店)
価格/580円 発売日/10月20日
南條範夫の時代小説短編連作「駿河城御前試合」を原作とした時代劇マンガ。盲目・跛足の復讐鬼・伊良子清玄と、彼と浅からぬ因縁を持つ隻腕の剣士・藤木源之助が、真剣を用いた御前試合で相まみえたことから、過去にさかのぼり彼らが宿命の対決に至るまでを描く。特徴的な絵と肉体描写の克明さなどで評判を呼んできた作品がついに完結。


【脚本/演出家・麻草評】
★★★★★★★★★☆
繰り返された輪郭の破壊が結実
無明の闇では、己が身ですら曖昧に変わるという。ためしに目を閉じてあたりを触ると、机、パソコン、モニターの在り処がわかる。さらに強く触れば、それらを触る己の身、その輪郭が際立つ。本作にて描かれてきた極端なアクションとリアクションの連鎖は、互いの肉体とその自我の輪郭を濃く太く際立たせてきた。だがあまりに強いその抱擁は張り詰めた輪郭線をも破壊する。幾度の破壊を経てたどり着いた最後の刻を刮目して見よ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載