>   > iPadやスマートフォンの台頭でバブル到...
第1特集
電子書籍"ブーム"とはなんだったのか?【1】

iPadやスマートフォンの台頭でバブル到来! 電子書籍人気とアップルの"検閲" 問題

+お気に入りに追加

──iPad発売のみならず、多くのスマートフォンがリリースされた今年は、電子書籍に光明を見いだす不況真っただ中の出版業界にとっても明るい話題が多かったように思える。しかし、そんな電子書籍をめぐるこの1年間を検証してみると……。

1101_denshishoseki1.jpg
本誌連載陣の佐々木俊尚氏の著書『電子書籍の衝撃』

 今年、出版業界で起こった最大の話題といえば、5月にリリースされたアップルの電子端末「iPad」だろう。今やあらためて解説する必要もないと思われるが、この"革命的で魔法のようなデバイス"の発売によって、出版業界では2010年を「電子書籍元年」と位置づけた。

 そんな中、コミックスを除き、ひときわ目立った電子書籍といえば、ライブドア元社長・堀江貴文の『拝金』(徳間書店/10年6月出版、同時配信)、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社/09年12月出版、10年4月配信)などが挙げられる。

『拝金』は電子版で、2万ダウンロード、『もしドラ』は9万ダウンロードを記録するなど、2000~3000ダウンロードで好セールスという電子書籍の中では"ベストセラー"といえる売り上げだ。もっとも、今年電子版で一番売れたのは、高田純次の『適当日記』(ダイヤモンド社)だが、前述した2作品とは電子化に至る経緯が異なっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載