>   > iPadやスマートフォンの台頭でバブル到...
第1特集
電子書籍"ブーム"とはなんだったのか?【1】

iPadやスマートフォンの台頭でバブル到来! 電子書籍人気とアップルの"検閲" 問題

+お気に入りに追加

──iPad発売のみならず、多くのスマートフォンがリリースされた今年は、電子書籍に光明を見いだす不況真っただ中の出版業界にとっても明るい話題が多かったように思える。しかし、そんな電子書籍をめぐるこの1年間を検証してみると……。

1101_denshishoseki1.jpg
本誌連載陣の佐々木俊尚氏の著書『電子書籍の衝撃』

 今年、出版業界で起こった最大の話題といえば、5月にリリースされたアップルの電子端末「iPad」だろう。今やあらためて解説する必要もないと思われるが、この"革命的で魔法のようなデバイス"の発売によって、出版業界では2010年を「電子書籍元年」と位置づけた。

 そんな中、コミックスを除き、ひときわ目立った電子書籍といえば、ライブドア元社長・堀江貴文の『拝金』(徳間書店/10年6月出版、同時配信)、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社/09年12月出版、10年4月配信)などが挙げられる。

『拝金』は電子版で、2万ダウンロード、『もしドラ』は9万ダウンロードを記録するなど、2000~3000ダウンロードで好セールスという電子書籍の中では"ベストセラー"といえる売り上げだ。もっとも、今年電子版で一番売れたのは、高田純次の『適当日記』(ダイヤモンド社)だが、前述した2作品とは電子化に至る経緯が異なっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』