>   > アイドル声優からマルチタレントへ脱皮中!...
第1特集
人気声優・平野綾がオカシイ!?【2】

アイドル声優からマルチタレントへ脱皮中!? 一目でわかる平野綾の偉大な業績

+お気に入りに追加

──平野綾って一体何者? というみなさんのために、あーやのこれまでの偉大な業績と、お騒がせっぷりをご紹介!

1101_hirano_ill.jpg
(絵/サイトウユウスケ)

【声優】
萌えからセクシーまで変幻自在
声優の仕事としては、『涼宮ハルヒの憂鬱』と、『らき☆すた』が代表作。その他にも、『DEATH NOTE』や『NANA』『黒執事II』など数多くのアニメで、主役や主要キャラに起用されており、声優としての人気は確かなもの。さらにラジオ出演も多く、冠番組も2番組もっている。良くも悪くも安定したあーやの演技は、声優ファンの間では賛否両論だが、少女からセクシー系までそつなくこなす力量は本物だ。だが、テレビ進出の代償としてか、声優の仕事が減少。今後の展開は来年の活動次第か? ちなみにバラエティに出演した際に、声優の仕事として紹介される代表キャラが毎回『ハルヒ』。そろそろ新しい代表的なキャラクターが欲しいとろこだ。

【容姿】
テレビ進出を狙ってパンク化
ブレイク当初はロングの黒髪と健康的な少女らしいファッションで、オタク好みのルックスだった。さすが元アイドルグループ「Springs」の一員だっただけはある。だが、07年ごろから、髪を茶色や金に近い色に染めたり、髪型もショートにしたり、パーマをかけたり。ファッションも、パンクな衣装や、肩がはだけ気味の激しいものに変貌した。しかし、グラドルや芸能人と並ぶと芋っぽいというか、垢抜けない印象がある。今後の展開次第で磨きがかかるか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」