>   >   >  自慢のにらみは不発に終わった──。 海...
連載
念力事報 第31回

自慢のにらみは不発に終わった──。 海老蔵事件と夜の"六本木心中"

+お気に入りに追加

──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

海老蔵事件
11月25日早朝、歌舞伎役者の市川海老蔵が港区西麻布の飲食店で暴行を受け、虎ノ門病院に搬送、左頬骨骨折など全治6週間と診断された。被害届けは出されたものの、海老蔵による繁華街での暴挙がマスコミで報じられ、歌舞伎界をゆるがすスキャンダルに発展した。

笹公人(歌)
1975年7月8日、東京生まれ。17歳の頃、作歌を始める。代表作に『念力家族』(インフォバーン)など。近著に『抒情の奇妙な冒険』(早川書房)、和田誠氏との共著『連句遊戯』(白水社)などがある。

江森康之(写真)
写真集に『赤目四十八瀧心中未遂』(リトル・モア)がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載