>   >   > 【ナイツ】──今年が最後のM-1挑戦! ...
ニュース
人気お笑いコンビが『エンタの神様』で落とされたネタって?

【ナイツ】──今年が最後のM-1挑戦! ドン底にいたナイツが"信じてきたもの"

+お気に入りに追加
1011_naitsu.jpg
(写真/有高唯之)

 年末の風物詩となったM-1グランプリが近づく季節。今年、優勝が期待されるコンビとして必ず名前が挙がるのが、一昨年、昨年と決勝に駒を進めたナイツだ。そのナイツが撮影で浅草の公道に姿を現すと、地元民から観光客まで、老若男女の視線が彼らに集中した。浅草寺の側門の下では、「つちやさーん!」「はなわさーん!」と手を振る修学旅行生の姿も。今でも寄席に出続けるナイツの、浅草における支持は絶大だ。

「でもあの頃は、暗い気分でここにいましたけどね」(塙)

 2人が振り返るのは8年前のこと。大学の落研の先輩と後輩で結成されたナイツは、テレビタレントと寄席芸人という2本の柱を持つマセキ芸能社に所属する。そこで事務所の会長から打ち出されたのは、ナイツを寄席芸人として育てるという方針だった。周囲から「その若さで寄席なんて、もう終わったな」と言われ、テレビのラインに乗りたかった若者は目の前が真っ暗に。その後漫才協会に所属して活動の場は与えられるも、不安のぬぐえない日々が続いた。

土屋 「遠回りしてる気分は、めちゃくちゃありましたよ。オリエンタルラジオが武勇伝ネタでブワーッと出てきた時なんて、『俺ら何やってんだろう?』って」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』