>   >   > 【今月の教訓】面倒なことこそ早めに済まそ...
連載
脱力・ニュースジャパン

【今月の教訓】面倒なことこそ早めに済まそう!

+お気に入りに追加

【今月の教訓】面倒なことこそ早めに済まそう!

1101_datsuryoku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 事務手続きというものが、正直苦手だ。保険の書類とか見るのも嫌だし、ねんきん特別便もほったらかし。経費の精算や請求書の発送なども遅れがちで申し訳ない。でも、そういうのが得意なら公務員とかになってるよ! ……と軽く逆ギレしてみたが、どうやら公務員にも事務手続きの苦手な人がいるらしい。
 
 大阪市の保健福祉センターの男性職員(48)が、特別児童扶養手当などの支給申請を「事務処理を失念して放置するなどして」いたと報じる【記事A】。自分のことならともかく、市民の生活にかかわる給付金の処理を怠るとはけしからん。普通なら、その怠慢ぶりを厳しく糾弾すべきところである。ところが、この職員の場合、ちょっと普通と違ってた。なんと、「申請者27人への支給56件分、総額約1130万円を自腹で立て替え払いしていた」というのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載