>   > 集英社? 小学館? マンガ編集者が語る「...

0811_shuppansha.jpg
 左上から時計回りに、講談社、集英社、小学館、
角川書店の社屋。角川以外の大手三社は、30代
で年収が1000万円を超えるといい、中堅以下の
出版社編集者からは「どんな部署でもいいから勤
務したい」との声も上がった。

今回の取材で話を聞いた業界関係者に、マンガ雑誌を出している各出版社に対するイメージや、どのマンガ編集部で働きたいかなどを尋ねてみた。就職・転職の際の参考に。ただし、概してマンガ編集者は、活字系雑誌に比べて出版業界の中での横のつながりが弱く、情報交換もあまり盛んでないため、各人の想像に頼っている部分がある点を了解いただきたい。

 まず、大手三社のイメージについては、「集英社は体育会系のイメージがある」「原稿料は集英社がいちばん高く、講談社はマンガ家に対しての制度が手厚い」「小学館には育ちが良く温和な人、講談社には弁の立つ器の大きな人が多い気がする」など。その他の意見も総合すると、「集英社=現実的、小学館=知性的、講談社=人間的」というイメージがあるようだ。
 
 次に、各社の待遇面に関して。中小出版社の編集者たちから、「ウチの給料は割といいほうだが、それでも大手三社の約半分」「大手誌は編集部の人数も多いから、何もしなくても給料をもらえそう」など大手を羨む声が上がる一方で、当の大手誌編集者たちからは、「マンガ編集部はどこも多忙だが、ウチ(週刊誌)は忙しすぎる。どこでもいいから月刊誌に移りたい」「大手は経費使い放題、などと思われがちだが、決してそんなことはない」との声も聞かれた。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』