>   >   > 明るくもアナーキーな白人一家が抱える闇
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第33回

明るくもアナーキーな白人一家が抱える闇

+お気に入りに追加

【今月の映画】

『The Wild and Wonderful Whites of West Virginia』

1007_machiyama.jpg

アメリカの山奥に住む、貧しくも"アナーキー"な白人一家を追ったドキュメンタリー。数多くの犯罪に手を染め、司法をもさじを投げた彼らの暴挙の裏には、アメリカの裏面史ともいえる移民たちが抱えた悲しき物語があった──。
監督/ジュリアン・ニッツバーグ 出演/ジェスコ・ホワイトほか。日本での公開は未定。

 ワイルドでワンダフルなウェスト・バージニアのホワイト一家』は、あるヒルビリーの家族の1年を記録したドキュメンタリー映画だ。ヒルビリーとはアメリカの山奥に住む貧乏な白人たちのこと。東部をジョージアからニューヨークへと南北に貫くアパラチア山地と、南部をミズーリからオクラホマへと東西に延びるオザーク山地に住んでいる。日本人は絶対に訪れない場所だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

インタビュー

連載