>   > マスコミを賑わせたあの殺人毒婦たちの"深...
第1特集
ゼロ年代"毒婦"の傾向と対策【2】

マスコミを賑わせたあの殺人毒婦たちの"深い闇"とは?

+お気に入りに追加

──ここまで、歴史社会学者や臨床心理学者らの考察により世間を騒がせた"毒婦"たちの傾向を解説したが、事件別に彼女たちが抱えた闇を浮き彫りにしたい。

1004_ueda_2.jpg

【鳥取連続不審死】
上田美由紀(36)

 鳥取県の"ババ専"スナックに勤務し、客の男性と次々恋仲に。熱烈なアプローチとセックスを武器に大金を貢がせた。こちらも木嶋同様、周囲で6人の男性が不審死を遂げており、強盗殺人罪で起訴。父親の違う5人の子どもと、さらに情夫も一緒に、ゴミ屋敷と化したアパートで暮らすなど、荒廃した生活ぶりも話題になった。


1004_ueda_graph_2.jpg

――歴史社会学者の田中ひかる氏の分析――
「上田の特徴は"短絡的"に尽きると思います。スナックで出会った男性とすぐに寝る、すぐに交際する。殺人という一線を越えるまでの過程も短い。夫のDVに耐えかねて犯行に至った三橋や、用意周到な木嶋に比べると、短絡さが際立っています。容姿の問題が話題になりますが、ほかの2人と違い、自分をよく見せようという意識は薄い。したがって、事件と容姿にはそれほど因果関係はないように感じます」


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』