>   > 婚活詐欺からバラバラ殺人まで「女が男を殺...

──日本の犯罪史を振り返る上で外すことのできない、女性による凶行──いわゆる"毒婦"ものの系譜に、昨年新たに2人の女が加わった。彼女たちを犯罪へと走らせたものはなんだったのか? ゼロ年代後半に起きた3つの"毒婦スキャンダル"から、今日の犯罪の背景を考える。

1004_takahashi.jpg
「中州美人ママ保険金殺人」の高橋裕子

 昨年末から世間を騒がせている2人の女性犯罪者。彼女たちにカネを騙し取られた男たちが次々不審死を遂げるという事件内容もさることながら、「デブ+ブス」というインパクト大の容姿も酷似。共通点が多すぎる2人の事件は連日マスメディアを賑わせ、ネット上も"祭り"状態になった。

 ひとりは木嶋佳苗(35)。婚活サイトを通じて知り合った男性たちに結婚をほのめかしたり、介護ヘルパーと称して老人に近づくなどして、総額1億円以上を詐取。そのカネで贅沢三昧のセレブ生活を送り、自ら「かなえキッチン」というブログでその日々を公開していた。もうひとりは上田美由紀(36)。全員父親の違う5人の子どもとゴミ屋敷同然のアパートで暮らしていたというこの女は、鳥取の"ババ専"スナックに勤務し、関係を持った客に大金を貢がせていた。現在、木嶋は交際相手だったとされる41歳の男性を殺した罪で、上田は金銭トラブルのあった電器商の男性を水死させた罪で、それぞれ起訴されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』