>   >   > 都会の家族が挑んだ環境汚染ゼロ生活
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第25回

都会の家族が挑んだ環境汚染ゼロ生活

+お気に入りに追加

【今月の映画】

0911_noimpactman.jpg
『ノー・インパクト・マン』
(原題:No Impact Man)

ニューヨーク在住の作家コリン・ビーヴァンによる、地球環境に影響を及ぼさない(ノー・インパクト)生活に密着したドキュメンタリー。妻と幼い娘を巻き込んだ、彼の1年に及ぶ山あり谷ありの「エコ生活」の末に見えたこととは……。
監督/ローラ・ギャバート、ジャスティン・シャイン 日本での公開は未定


 環境に一切、悪影響を与えないで生活できないか?自動車には乗らない。電気は使わない。ゴミは捨てない。

 NYはマンハッタンのレストランで、コリン・ビーヴァンは言った。43歳になるノンフィクション作家のビーヴァンは、自分のエージェント(アメリカでは作家もタレントのようにエージェントと契約する)と次回作のアイデアを練っていた。それは2007年の12月。マンハッタンは凍てつくように寒いはずなのに、なぜかポカポカと暖かく、道行く人は腕をまくっていた。

 これが噂の地球温暖化か?

 ビーヴァンはそれまで環境問題に興味がなかったが、ふと思いついて「僕が1年間、環境に影響をまったく与えずに生活して、それを本にするのは?」と口走った。エージェントはやる気なさそうに「環境問題のヒーローになるのか?スーパーマンみたいな?」と言った。ビーヴァンはひらめいた。

「ノー・インパクト・マンてのは?環境にインパクトを与えない男」

 ビーヴァンはノー・インパクト・マンとして1年間生活し、それをブログで発表、記録したビデオはドキュメンタリー映画にもなった。

 同じ実験をした人が160年前にもいた。ヘンリー・デヴィッド・ソローはメイン州の森で2年間自給自足の生活をした。その体験を書いた『森の生活』は古典だ。ただ、ビーヴァンは森で隠遁するわけじゃない。ニューヨークの真ん中でそれをやろうというのだ。

「人類の半分は都市部に住んでいる。都市部でどれだけエコライフが可能かを試すんだ」

 まず1日目、朝起きたビーヴァンは鼻をかもうとしてティッシュに手をのばした。「いかん!紙は森林資源の浪費だ!」。彼はハンカチで鼻をかんで、それを流しで洗った。次にトイレ。トイレットペーパーはどうする?うーん……。ビーヴァンはインド式を選んだ。手で拭いて手を洗う!

 そして外出。ビーヴァンはアパートの9階に住んでいた。でもエレベーターは使わない。ちょっとした用事で家を出入りするだけでも重労働だ。

 食べ物は産地が半径400キロ以内にあるものしか食べない。「スーパーで売られる野菜や肉はトラックや鉄道で何千キロも輸送される。大量の燃料を無駄にして」。でもファーマーズ・マーケットに行けば近所の農家で取れた野菜が買える。泥もついてるが発泡スチロールのトレイはついてこない。

 年間平均725キロにもなる一般家庭のゴミの2割が食料品のパッケージだ。

 でも、コーヒーやお茶はどうする?アメリカ国内では栽培していない。なら、もう飲まない!

 ただ、困ったことにビーヴァンには妻子がいた。妻ミッシェルは親に甘やかされて育ち、39歳で何も料理できないお嬢さんだった。しかもブランドものが大好きで、スターバックスなしには生きられない!それが夫の実験に無理やりつきあわされ、勤め先までキックボードで通わされる。ミッシェルのタンポンが1個ずつ透明な袋に入っているのを見たときもビーヴァンは「資源の無駄だ!」とブチ切れた。

 この都会のサバイバルごっこに大喜びなのは1歳になったばかりの一人娘イザベラちゃん。何しろ毎日がキャンプみたい。夜になれば電灯をつけずに蜂の巣から作った蝋燭を灯す。暑い日はクーラーをつけずに水遊びだし。

 もちろん失敗も多い。生ゴミを捨てずに土とミミズでコンポスト(堆肥)にしようとしたら、ハエが卵を産んじゃってハエだらけ。冷蔵庫をやめて、鉢と濡れた砂を使って水の蒸発で物を冷却しようとしたが、全然うまくいかずにミルクが腐って大騒ぎ。結局、クーラーボックスを使うことになる。中に入れる氷は? 隣の家の冷蔵庫から分けてもらうのだ(笑)。

 冬はもちろん暖房のスイッチを切る。でも、ビーヴァンのアパートはセントラルヒーティングなので、壁や床を通るパイプに部屋が暖められて心地よい。「こんなものでヌクヌクしてちゃダメだ!」とビーヴァンは窓を開け放って、部屋を冷やす。これってエネルギーの無駄、本末転倒じゃないの?

 この実験に対して「偽善的だ」という批判も多い。ビーヴァン自身書いているように「生き物はただ息をするだけで二酸化炭素を吐き出す。ノー・インパクトなんて不可能だ」からだ。実際、ビーヴァンは電気は止めたけど、ガスや水道はずっと使ってたしね。

 08年12月にビーヴァンの実験は終わったが、今もエアコンもテレビも皿洗い機も乾燥機も使っていないそうだ。「すごい節約になるんだよ」と言うビーヴァンのブログをハリウッドは映画化しようとしている。ノー・インパクト・マンを演じるのはウィル・スミス。『アイ・アム・レジェンド』でマンハッタンに1人取り残された男のサバイバルを演じ、『幸せのちから』でホームレスの証券マンを演じたからだろう。でも、ウィル・スミスは『アリ』のどしゃ降りに打たれるシーンで人工雨にミネラル・ウォーターを使わせたヘヴィ・インパクト・マンなんだけどな。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』