サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 国民的アニメに毒を吹き込むタブー破りの活...
ニュース
無声映画を広めたい

国民的アニメに毒を吹き込むタブー破りの活弁士の素顔

+お気に入りに追加
0910_sazae.jpg

 渋谷の小さなお笑いライブ会場。若手芸人たちに混じり、颯爽と現れた燕尾服姿の謎の男。彼こそが坂本頼光その人だ。スクリーンに映し出されるのは、なんと『サ●エさん』をパロった自作のアニメ『サザザさん』。サザザさんは「ギョギョ」としか言葉を発せない怪女で、波平は殿山泰司そっくり、タマに至っては着ぐるみをかぶった小池朝雄だ。シュールで毒々しい映像にあわせて活弁を繰り広げれば、会場は爆笑の渦に包まれる。

「『サザザさん』は5バージョンあります。作るのに半年かかっちゃうんですよ。凝り性なので(笑)」

 彼の本職は、戦前の無声映画に解説を加える活動写真弁士、つまり活弁士だ。全国に十数人いる活弁士の中で、30歳の坂本は最も若い。昨年は東京国際映画祭の企画で数千人を前に、大作『雄呂血』の活弁を披露した。本職でもトップランナーなのだ。

 そもそも彼が活弁士を志したのは、水木しげると時代劇映画を愛した中学生の頃。高校を中退し、怪優・山本竜二の付き人を務めながら無声映画専門ホールでデビューを果たした。90年代半ばの話とは思えない異分子っぷりだ。

「昔から、好きなことしかやりたくないんですよ。山本さんには、『好きなことをやるならそれで食え』という教えを受けました。ただ、カルト芸人のままでいるつもりもないです。無声映画も広めていきたいし、メジャーでも活動していきたいですね」

 細野晴臣や大槻ケンヂなど、彼のファンは増加中だ。坂本頼光の今後の活動に注目!

(大山くまお)

0910_sakamoto.jpg

さかもと・らいこう
1979年、東京都生まれ。97年マツダ映画社主催の話術研究会に入り活弁士修業を開始し、00年にデビュー。 ブログ「活弁士の分家」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」