>   > オリキは見た!! そして自分でも付き合っ...
第1特集
中森明菜、浜崎あゆみ、そして蒼井優......ジャニタレとデキちゃった女たち【3】

オリキは見た!! そして自分でも付き合っていた!! ジャニタレ"との"恋愛

+お気に入りに追加

──マスコミよりもジャニタレたちに詳しいオリキの方々に集まっていただき、ジャニタレと女性タレントとのアツい関係について語っていただきました!!

0909_okada_kamenashi.jpg
オリキにとっても意外な女性タレントがお相手だったという、亀梨和也(右)と岡田准一(左)

[座談会出席者]
A……26歳。KAT-TUN赤西仁担当。姉御肌。KAT-TUNのデビュー前は熱心にオリキをしていた
B……23歳。NEWS手越祐也の元オリキ。
C……19歳。Hey! Say! JUMP知念担当。現役オリキのフリーター

──ヘタなマスコミ以上の情報網と機動力を持つオリキの皆さんですが、ジャニタレが実際に女性といる現場を目撃したコトは?

A ありますね。何度も目撃されて「あの2人付き合ってる」って噂が広がってから、週刊誌にスクープされるってパターンもすごく多いですよ。

B 山P(NEWS山下智久)とあびる優とか田口(KAT-TUN田口淳之介)と小嶺麗奈もそうだよね。あと仁(KAT-TUN赤西仁)と上原多香子みたいに、別れてすっごい時間がたってから交際が発覚することもある。『今さら?』って感じで(笑)。

C でも、一緒にいるのを目撃しても、まさか付き合ってるとは思わなくてスルーしてた、ってパターンもありますよね。亀(KAT-TUN亀梨和也)と小泉今日子とか。

A そうそう。スクープされる数カ月前から一緒にご飯を食べに行っているところも見たし、舞台を観に行ったなんて情報もあったけど、単なる先輩との交流だとばっかり思い込んでた。

B 亀のそれまでの女のタイプからして、あれはないだろうって感じだったもんね。

A 岡田くん(V6岡田准一)と蒼井優もそう。当時、岡田くんはよく密会してる相手が別にいたし、絶対あっちが本命だと思ってたから意外すぎた。

C 私、少し前に光(Hey!Say!JUMP八乙女光)とPerfumeのあーちゃん(西脇綾香)がデートしてるとこ見ました! 山田(Hey!Say!JUMP山田涼介)担の友達からメールが来て、速攻で駆けつけたらまだ店内にいて。いまは八乙女も別の彼女がいるみたいですけど、実際にそういう場面見たの初めてだったから、ドキドキでした。

B ちょっと前のモー娘。とかもそうだけど、その時目立ってる女子アイドルって、絶対ジャニタレと噂になるよね。デマも多いからウソと思われがちだけど、実は真実も混じってるという。

A 実際モー娘。は、矢口真里が窓口になってデビュー前のKAT-TUNとかJr.と合コンしまくってたもんね。渋谷のカラオケボックスに時間差で入ったりしてたけど、店員が友達だったから情報筒抜けだって話(笑)。

C 最近Jr.では、Berryz工房とかAKBとか、同年代アイドルとかとの噂が多いですね。

A 結局Jr.も、同じアイドルの子たちとつるんでるほうが、お互いに暴露される心配もないし安心ってことなんじゃない? 最初は浮かれてファンに手を出しちゃったりもするけど、ある程度遊び慣れてくれば、そのリスクにも気づくというか。

──この中にも実際に、アイドルと交際経験のある方がいるとか。

B 私(笑)。NEWSがデビューしたての頃、Kくんと付き合ってました。

A 担当は違うくせにね(笑)。

B そうそう、何か情報が得られるかなーと思ってメンバーをやらかしてるうちになんとなく。当時は一応「お前だけだよ」みたいに言ってくれてたけど、結局ほかにも何人か並行して付き合ってたみたいで……。

C でも、羨ましいー!

B 発表前の仕事の情報を教えてくれたり、テレビで合図をもらったりして優越感には浸れたけど、いいことばっかりじゃなかったよ。友達にねたまれて個人情報をさらされたり、ハブられたりとか。あと、ファンに集団で襲われてケガしたって子もいたなぁ。

A 昔、大倉(関ジャニ∞大倉忠義)と付き合っていた三流グラビアアイドルが、刃物を持ったファンに襲われたって噂もあったよね。ファンの逆恨みって怖いから……タレントなら事務所に守ってもらえるかもしれないけど、一般人じゃそうはいかないもんね。

B ホント。私がこれこれこうで、って話すと、Kは口では「ムカつく。俺が守ってやる」とか言ってくれるけど、実際には何もできない。結局、そういうのに嫌気が差して別れたんだけど。

C そっかー。アイドルと付き合うのも命がけなんですね。

A そう。だからジャニタレと付き合う芸能人には、それくらいの覚悟で臨んでほしいよね(笑)。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」