>   >   > まだ続いていた嵐・大野大麻疑惑! 処遇...
ニュース
ジャニーズと大麻の関係は...?

まだ続いていた嵐・大野大麻疑惑! 処遇をめぐりジャニーズは混乱!?

+お気に入りに追加
0909_ono.jpg
いまやジャニーズの中で、最も勢いがあるといわれる嵐のリーダーだけに、彼にまつわるスキャンダルは今後も噴出してきそうだ。

ジャニーズ事務所が、嵐の大野智の処遇をめぐって、揺れ動いているという。

「昨年報道された大野の"大麻吸引疑惑"が水面下で再燃し、大野の処遇をどうするかでジャニーズ内は揺れてます」と同事務所の内情に詳しい大手プロ関係者は言う。

 昨年7月、大野と一緒に大麻を吸引したという女性のうちのひとりの証言を「週刊現代」(講談社)が報じたのは記憶に新しい。誌面には、目がイッている大野の写真も掲載され、大騒動に発展するかと思われた。しかし、ジャニーズ側はこの記事に対して、訴訟に持ち込むようなこともせず、また「週刊現代」側も、問題をそれ以上追及することなく、疑惑は立ち消え。両者の間では政治的決着が図られたとみられてきた。

 ところが、今年の春頃に再び、大野をはじめとしたジャニタレの"大麻パーティ疑惑"を想起させる写真の存在が明らかになったのだ。

「大野と一緒に大麻を吸っていたといわれる元AV嬢は、大麻取締法違反容疑で逮捕されていたんですが、保釈後『なんで、自分だけ逮捕されなきゃならないの。納得いかない』と大手芸能プロ関係者に、さまざまなタレントたちと大麻吸引をしたときの写真を持ち込んだらしいのです」(芸能関係者)

 ある業界関係者を通じて写真を見せられたという芸能ライターは「『週刊現代』に掲載されたものと同じ写真もありましたが、そのほかも多数あり、枚数にして、50~60枚ありましたかね。中には嵐のそのほかの人気メンバーや若手のジャニタレが、女の子と一緒に写っている写真もありました。みんな一様に、尋常ではないラリッた感じの表情でしたね。この写真が大量に流出したら、それこそジャニーズには大激震が走るようなものでしたよ」という。

 だが、これらの写真の存在は、一部業界関係者に知れわたっているのに、いまだに日の目を見ていない。

「写真を持ち込んだAV嬢が証言してくれるという話だったのですが、彼女がメジャーAVレーベルからデビューするとの話が決まって、口をつぐんでしまった。さらに、この写真をネタに、芸能関係者がジャニーズと取引しているという情報もあって、なかなか世に出ないんです」(前出・芸能ライター)

 ところが、一方でAV嬢を逮捕した警察当局が今になって、捜査に動き出したという情報が流れ始めたのだ。

MEMO嵐・大野
ジャニーズ事務所のアイドルグループ「嵐」のリーダー・大野智のこと。1980年11月26日生まれ。抜群の運動神経とリズム感、表現力を持つなど、タレントとしての才能は高く評価されているが、華がないのが致命的との声も。

「それでジャニーズとしては、大野の処遇を考え出したようです。大野は疑惑を否定していますから、簡単に契約解除なんてできない。しかし、グループ内に置いたままで万が一のことがあったら、嵐自体の解散は必至ですし、CM契約している企業や番組を持つテレビ局に莫大な賠償金を払わなくてはいけなくなる。あくまで噂ですが、事が起こらないうちに、大野を事務所から"卒業"させようなんていう計画もあったようですよ」(前出・大手プロ関係者)

だが、まだ疑惑の段階で強行手段に出ようものなら、ほかのタレントたちの反発は避けられない。現在、事務所内は、ジャニー喜多川社長もメリー喜多川副社長も高齢により、以前のような求心力を持っておらず、また、後継者と目されるジュリー藤島取締役は、かねてから強引に物事を進めるその手法が内外から反発を買い、急速に影響力を落としているとも言われる。

「特に最近は、あまりに強引にKAT−TUNの亀梨和也をテレビや映画に押し込むので、業界内でのジュリー氏の評判はよくない。大きな不祥事が起きれば、局側のジャニーズ離れが本格化しますよ」(テレビ関係者)

人気者ゆえ、いまだ尾を引く"大麻吸引疑惑"。もう一波乱はあるのだろうか?
(編集部)


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」