>   >   > 手相芸人・島田秀平直伝!「合コンで狙い目...
ニュース
これであなたもモテモ"手"!?

手相芸人・島田秀平直伝!「合コンで狙い目は、こんな手相の女のコ!」

+お気に入りに追加
0904_shimada_re.jpg
(撮影/江森康之)

 お笑い芸人の傍ら、手相占い師として人気を博し、いまや"手相芸人"としてメディアに引っ張りだこの島田秀平。6年ほど前に人気占い師「原宿の母」に弟子入りし、「代々木の甥」というありがたい(?)名前を襲名。しかも自分で編み出したオリジナル手相が100本以上あり、「エロ線」「恋愛できま線」「KY線」など、どれも名前がユニークなだけでなく、よく当たると評判! 現在までに芸能人、一般人合わせて数千人は鑑定したそう。今回は、そんな島田流の手相術の中から、サイゾー読者の男子たちが覚えておくべき線をレクチャーしてもらった。

「『エロ線』は覚えるといいかも。人さし指と中指の間から、薬指と小指の間を結ぶ半円状の線ですね。この線がはっきりしている女性は、性に対して積極的なので、口説きやすいと思います。飲み会や合コンで、目当ての女の子の手相を確認してみては? 『手相見てあげるよ』って言えば、手も握りやすいですし。逆に注意すべきは、"KY線"がある女性ですね」

 KY線とは、手のひらの中央を横に走る「頭脳線」と、親指の付け根を取り巻くように弧を描く「生命線」の起点が離れている相。気になって見てみると、うっすら自分の手にあるような......! ヤバい! 先生、手相って変えられないんですか!?

0904_tesou.jpg

「ペンで描いたりして手相を強制的に作ると、その手相に合った自分になるといいます。手相を描くことで、明確な目標を持つので、運気を呼び寄せるのかな、と。ちなみに僕は、小指の付け根の部分に『ギャンブル線』ができるように手をテープでぐるぐる巻きにして、手相の溝を作ってからパチンコに行くと、すごい当たりますよ!」

 そんな島田先生が最近見た、すごい手相の持ち主はなんと......。

「オバマ大統領です。スピーチ中にかざした手の写真を拡大して見たんですが、手相というより、もはや"溝"。人気線、モテ線、カリスマ線......ことごとく良い線ばかりでしたね。ただ、夫婦関係を示す線が下がり気味だったのが気がかりですが......」

 ミシェル夫人と、まさかの不仲!? こんなことまでわかってしまう手相術、ちょっと覚えておけば、飲み会や営業先で盛り上がること間違いなさそうです!
(乾 千乃)

0904_tesou_DVD.jpg

『島田秀平のいますぐデキる!手相占い♂』
『島田秀平の幸せをつかむ!手相占い♀』
オリジナルの手相術を、実例を元にまとめたDVD。男性向けにはデキる男になるための「目指せ!億万長者」「目指せ!仕事人」といったテーマ、女性向けには幸せをつかむための「オトコの見分け方」「幸せな結婚」といったテーマで、それぞれに役立つ手相術を紹介している。
発売/ポニーキャニオン、ホリプロ 価格/2940円(税込)

しまだ・しゅうへい
1977年、長野県生まれ。お笑い芸人兼手相占い師。02年から「原宿の母」に手相見の手ほどきを受け、07年より「代々木の甥」を名乗る。P38に登場するすぎ。氏や長浜之人氏とともに、『首都神話』のプレゼンターも務めている。今回、DVDと同時に書籍『島田秀平の手相はなんでも知ってそう 芸能人手相名鑑』(イースト・プレス)も発売。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」