>   >   > 小向美奈子とつながるグレーな紳士たちの正...
ニュース
経済界の問題児が名を連ねる!

小向美奈子とつながるグレーな紳士たちの正体

+お気に入りに追加

 1月22日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された、元グラビアアイドルの小向美奈子容疑者。逮捕の衝撃は、各界に波紋を広げている。

MEMO小向美奈子 1985年生まれのグラビアアイドル。15歳でデビューし、Eカップのバストを武器にグラビアを席巻。バラエティ番組などでも活躍するも、昨年9月に体調不良などを理由に事務所を解雇される。

「そもそも、この逮捕劇は、小向と元カレとの交際のこじれから発展しているんです。元カレは、昨年6月に住居侵入の容疑で逮捕されていますが、この住居というのは事実上、小向が住んでいたところ。元カレは、別れた後も彼女を執拗に追っかけ、不法侵入までしてしまった」(スポーツ紙記者)

 この後、警察は元カレの自宅を家宅捜索。そこで、小向容疑者が置きっぱなしにしていたバッグの中から覚せい剤が発見されたというのだ。さらに、同時に見つかった吸引器から小向容疑者の唾液が検出されたことから、警察は彼女の逮捕に踏み切った。

 だが、小向が摘発されたのは、こうした偶発的な覚せい剤の発見によるものだけではなかったのでは? との見方もある。全国紙社会部記者が語る。

「ご存じの通り、小向は逮捕前に週刊誌誌上で、元グッドウィルグループ会長の折口雅博氏との交際を告白しています。今、当局はその折口の周辺を洗っているのです。グッドウィルでは、多額の使途不明金が発生しているといわれ、その一部が折口が囲っていた女性タレントや未成年女子に使われたんじゃないかと見ており、小向を真相解明の突破口にしたいという思惑もあったと思われます」

 その折口氏だが、現在は米国に滞在しているようだ。同氏は今もグッドウィルの米国関連法人の顧問という立場であるが、同職も近々退任し、捜査の目が向く同社とは無関係であることをアピールするとの見方もある。折口氏の女性に対する散財ぶりが、小向容疑者らの口から語られるかどうかも、当局がもくろむ折口氏立件への重要なポイントになりそうだ。

 実は、小向容疑者が接点を持つ"経済界の問題児"は、折口氏だけではない。昨年末に脱税で逮捕された、不動産会社AのS前会長とも関係があるのではないかという憶測が飛んでいるのだ。

「A社は新築で売れ残ったマンション在庫を買い取り、転売して急成長した会社なんですが、裏では暴力団と交際し、闇ビジネスに手を出していたという噂があるんです。そのひとつとして、暴力団の企業舎弟といわれていた芸能プロ『R』に所属していたマネージャーたちと組んで、"芸能人を使った管理売春"をしていたのではないかという疑惑が持ち上がっているんです」(前出・社会部記者)

 芸能人の売春といえば、折口氏の件と同じく、小向容疑者が週刊誌誌上で、芸能界における売春ネットワークの存在を告白していたのも記憶に新しい。

「小向がほのめかした売春ネットワークとSが関係しているといわれるものが同じかどうかはわかりませんが、Sが頻繁に主催していたパーティーで、彼女の目撃情報があるだけに興味深い。カギを握るのはSの夫人ですよ」(マスコミ関係者)

 S容疑者の夫人は、銀座の高級クラブのママだった過去を持ち、その後、モデルとして芸能プロにも所属している。ここで培った芸能人脈を生かし、前述の芸能プロRのスタッフと組んで、S容疑者が売春にかかわっていたとの情報も流れているのだ。

 ちなみに、芸能プロRのスタッフの中には、小室哲哉の5億円詐欺事件において、小室の側近のひとりとして名前が挙がった人物もいる。さらにS夫妻は、自民党の中川秀直元幹事長とも昵懇で、昨年末には、A社が名古屋証券取引所への上場を目指した際、中川議員の元秘書が同取引所への口利きをしようとしたという疑惑が報じられたばかりだ。

 ここまでくると、小向容疑者とは直接的な関係なくとも、彼女につながった糸をたぐっていくと現れる魑魅魍魎に当局が関心を持たないはずがない。はたして、小向容疑者の逮捕は、単なるグラビアアイドルの転落劇、ということで終わるのか否か。
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』