>   > サンズ野田社長が振り返る、MEGUMI"...
第2特集
どうなった!? 08年の重大芸能ゴシップ【6】

サンズ野田社長が振り返る、MEGUMI"デキ婚"と瀬戸早妃"再デビュー"

+お気に入りに追加

[事件の概要───6]

2008年7月7日、Dragon Ashのボーカル・降谷建志とタレントのMEGUMIが入籍を発表。グラビア業界が低迷する中、彼女の所属するサンズエンタテインメントでは、はるな愛のブレイクなど、多くの話題があった。

 山田まりやとMEGUMIの結婚、はるな愛のブレイク、かつて所属していた瀬戸早妃の他事務所からの再デビューなど、波瀾万丈(?)な1年だったサンズエンタテインメント。同社を率いるグラビア業界の顔役・野田義治社長に、今年のグラビア業界について聞いた。

   *    *    *

0901_3toku_noda.jpg
かつての所属タレントがほかの芸能プロで再デビューしたが、野田社長の胸中は?(写真/佃 大平)

「グラビア業界が厳しい厳しいっていわれてるけど、正直言って、サンズもイエローキャブと分かれて以降は『貧すれば鈍する』だったからね。だから身を小さくして、もう一度基本からやってみようっていうのが今年のテーマだったんだよ。それで、事務所の和を乱すものは、タレントであろうと解雇した。もちろん経営者としてはツラかったけどね」

 サンズにとって今年最大の痛恨事といえば、次世代のイチ押しとして手塩にかけて育ててきた瀬戸早妃との、プライベートの管理をめぐる対立だろう。最終的に瀬戸は「休業」ということになったが、ここにきて「日向咲」と改名し、別の事務所で芸能活動を始めている。

「オレはよほどじゃないとタレントを見放したりしないけど、あれを『いいじゃないか』と許してしまうと周りに示しがつかなくなってしまう。ただ、(所属事務所を"解雇"された)小向美奈子じゃないけど、せっかくこれまで積み上げてきたものをゼロにはさせたくなかったから、瀬戸はあえて"休業"って言ってたんだけど、もうほかの事務所でやるみたいだな。我々の業界で"解雇"っていうのは、(グラビアをやっている同クラスの)ほかの事務所は手を出しちゃいけないっていう、暗黙のルールがあるんだ。

 瀬戸に関しては、5年間かけて築き上げてきた"瀬戸早妃"っていう名前を捨てて一から始めるのは大変だと思うし、それがはたして受け入れてもらえるかどうか。まあ、ウチを辞めた子だし、これ以上は触れないよ。応援もしないし、かといって邪魔もしない。お手並み拝見というところだね」

 もうひとつサンズの大きな変化を象徴したのが、はるな愛のブレイク。まさか「巨乳バカ一代」で鳴らした野田社長が、ニューハーフタレントを手がけるとは!

0901_3toku_haruna.jpg
2008年はブレイクしたはるな愛。

「はるな愛をウチがやってるって知らない人は多いんじゃないかな。それがいいんですよ。確かにオレはグラビアでタレントを売っていきたいし、それは本筋・本流として今も変わらない。でも、世の中は様変わりしてきているし、ウチもどんどん対応していかないとね。実ははるなは、3年くらい前にMEGUMIに紹介されてたんだけど、正直、どうやって売り込んだらいいかわからないから、時間はかかると思ってた。まあ、なんとか売れてくれたけど、もうひとり(ニューハーフを)売り出しても、うまくやれる自信はないな(笑)」

 その一方で、これまで事務所を牽引してきた山田まりやとMEGUMIが、それぞれ結婚するという大きな節目も迎えている。

「2人の結婚は、以前から織り込み済みだったし、それほど慌てることはなかったよ。ただMEGUMIの場合は、発表が後になっちゃったから、マスコミさんには不義理を働いてしまったのが心残りだね。あとは、丈夫な子どもを産んでくれて、1日も早く仕事に復帰してくれるのを願うだけだよ(笑)」

 グラビア業界をめぐる状況が厳しさを増す中、最後に、この先の戦略を聞いてみた。

「オレはオレなりに、これからもやっぱり『胸の大きい子』を追いかけるし、今いる子たちも底上げしていきたい。だからグラビアはやり続けるけど、『グラビア=水着』という図式はそろそろ捨て去ろうかと思ってるんだ。たとえば来年は、もうちょっと年齢的にいえば若い子、15歳くらいの子をスカウトしてキッチリ育ててみようと思ってる。そのためにも雑誌には絶対元気でいてほしいし、『サイゾー』もしっかり頑張ってくれよ」
(談/常田裕)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』