サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 「負け戦なら、即解散を」自民党匿名座談会...
ニュース
もはや巨大政党は"背水の陣"

「負け戦なら、即解散を」自民党匿名座談会開催

+お気に入りに追加

305議席──自民党の衆議院での議席数。次回総選挙の勝敗ラインは「自公で過半数」(細田博之/自民党幹事長)

jimintou0507.jpg
自民党―政権党の38年

自民担当記者A(以下、A) 中山成彬・国土交通大臣が失言で辞任、総選挙不出馬を表明するなど、麻生政権はすでにドタバタ。キーマンである森喜朗元首相は、何を思っているんだろう?

自民党関係者B(以下、B) 中山さんの辞任について、森さんはかなり怒っているね。この怒りが、本人に不出馬を決意させたともいわれている。清和会(町村派)では、町村(信孝)、中川(秀直)、谷川(秀善)の3氏が代表世話人だけど、実際のところ谷川さんには能力がない。森さんは町村・中川を競わせて清和会を盛り立てようと思っていたのに、中川さんが総裁選で小池百合子を立ててしまって......。

A かつては・兄弟・とまでいわれた森、中川の仲も、いまやガタガタ。つまり、森さんが中山さんを大臣にねじ込んだのは、将来的に中川さんをけん制する、あるいは中川さんに代わるポジションに置こうと考えてのことだった。中山さんは文科相経験はあるけど、それだけでは見劣りするから、重要閣僚を経験させようと。それを5日で辞められたんじゃ、森さんも怒るわけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載