>   >   > 友をひたすら信じたアフガン少年の誓い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第5回

友をひたすら信じたアフガン少年の誓い

+お気に入りに追加

【今月の映画】

『君のためなら千回でも』
0803_machiyama.jpg
舞台は、まだ平和だった70年代のアフガニスタン。2人の少年、アミールとハッサンは、主従関係を超えた強い絆で結ばれていた。しかし、ある"過ち"をきっかけに、2人の友情は引き裂かれていく......。カーレド・ホッセイニの処女作にして、世界的ベストセラーを、名匠マーク・フォースターが映像化した感動作。

監督/マーク・フォースター 原作/カーレド・ホッセイニ 出演/ハリド・アブダラ、ホマユーン・エルシャディ、ショーン・トーブほか 配給/角川映画、角川エンタテインメント 日本では、2月9日より恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショー

 映画『君のためなら千回でも』は、サンフランシスコの街並みを対岸に臨む、バークレーの湾岸公園から始まる。筆者の家の近所だ。そこは凧揚げの名所で、週末には日本や中国、タイやインドネシアなど世界各国からの移民たちがそれぞれの伝統的な凧を揚げている。アフガニスタンの凧もある。ここベイエリアには、リトル・カブールと呼ばれるアフガン・タウンがある。アフガンからは、1979年のソ連軍侵攻から現在まで十数万人がアメリカに逃れ、ベイエリアだけで6万人が暮らしている。『君のためなら〜』の原作者カーレド・ホッセイニも、その1人だ。

「幼い頃、カブールでペルシャ語吹き替えのスティーブ・マックイーンの映画を観ていた時は、自分がアメリカに住むなんて夢にも思わなかった。ましてや自分の小説が、ハリウッドで映画化されるなんて」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』