>   >   > 友をひたすら信じたアフガン少年の誓い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第5回

友をひたすら信じたアフガン少年の誓い

+お気に入りに追加

【今月の映画】

『君のためなら千回でも』
0803_machiyama.jpg
舞台は、まだ平和だった70年代のアフガニスタン。2人の少年、アミールとハッサンは、主従関係を超えた強い絆で結ばれていた。しかし、ある"過ち"をきっかけに、2人の友情は引き裂かれていく......。カーレド・ホッセイニの処女作にして、世界的ベストセラーを、名匠マーク・フォースターが映像化した感動作。

監督/マーク・フォースター 原作/カーレド・ホッセイニ 出演/ハリド・アブダラ、ホマユーン・エルシャディ、ショーン・トーブほか 配給/角川映画、角川エンタテインメント 日本では、2月9日より恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショー

 映画『君のためなら千回でも』は、サンフランシスコの街並みを対岸に臨む、バークレーの湾岸公園から始まる。筆者の家の近所だ。そこは凧揚げの名所で、週末には日本や中国、タイやインドネシアなど世界各国からの移民たちがそれぞれの伝統的な凧を揚げている。アフガニスタンの凧もある。ここベイエリアには、リトル・カブールと呼ばれるアフガン・タウンがある。アフガンからは、1979年のソ連軍侵攻から現在まで十数万人がアメリカに逃れ、ベイエリアだけで6万人が暮らしている。『君のためなら〜』の原作者カーレド・ホッセイニも、その1人だ。

「幼い頃、カブールでペルシャ語吹き替えのスティーブ・マックイーンの映画を観ていた時は、自分がアメリカに住むなんて夢にも思わなかった。ましてや自分の小説が、ハリウッドで映画化されるなんて」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』