> 特集  > エンタメ
第1特集
体育や部活動の間違った筋トレ【1】

うさぎ跳びは体を鍛えるために効果的!? 先生は背筋のやり方を知らない? “学校の筋トレ”を徹底検証する!

―― 体育の授業や部活動など学校でなされる筋トレ。かつては“うさぎ跳び”が問題視され、いつしかそれは消え去ったが、現在まで当たり前に行われてきた腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットという基礎的なトレーニングも...

うさぎ跳びは体を鍛えるために効果的!? 先生は背筋のやり方を知らない? “学校の筋トレ”を徹底検証する!
第1特集
体育や部活動の間違った筋トレ【2】

では、正しい筋トレのやり方とは? 間違ったやり方は故障の原因に! 基礎トレーニングに潜むキケン

―― 学校教育で行われる基礎的な筋トレといえば、これらだろう。その正しい方法と間違った方法を、こちらの記事にも登場いただいた、パーソナルトレーナーの澤木一貴氏に解説してもらった。

では、正しい筋トレのやり方とは? 間違ったやり方は故障の原因に! 基礎トレーニングに潜むキケン
第1特集
改めてサプリメントの真価を問う【1】

安倍内閣が後押しする“健康増進産業9兆円”の産物――なぜ、DHCの商品は安いのか? サプリをめぐる政治と効用の謎

―― テレビやインターネットの広告で見かける機会も増加し、健康意識の高まりから利用者も増えているように見えるサプリメント。だが「健康への効果は?」と問われると、微妙なもののほうが多いのが現状だ。ではなぜ売れ...

安倍内閣が後押しする“健康増進産業9兆円”の産物――なぜ、DHCの商品は安いのか? サプリをめぐる政治と効用の謎
第1特集
改めてサプリメントの真価を問う【2】

大麻医療はもう古い!? アメリカのトンデモ美容・健康法最前線

―― アメリカは新しい美容や健康の発信源だが、中には「新しい」を通り越して斬新、奇抜、狂気の沙汰といえるようなモノもある。そんな同国の最新動向をチェック!

大麻医療はもう古い!? アメリカのトンデモ美容・健康法最前線
第1特集
マンガは美容をどう表現するのか?【1】

結局、見た目よりも中身が重要なのか? “整形はタブー”という男の幻想と美容マンガが描く女性心理

―― 医療をテーマにしたマンガは数あれど、“美容整形”をテーマにした作品はそう多くないはずだ。だが人間にとって美貌を求めることは、本能のひとつであることに疑いはなく、これをテーマにしたマンガには名作が散見さ...

結局、見た目よりも中身が重要なのか? “整形はタブー”という男の幻想と美容マンガが描く女性心理
第1特集
マンガは美容をどう表現するのか?【2】

整形女子の対決を描いた埋もれた名作――整形と芸能界『恋の奇跡』

―― こちらの記事では紹介しきれなかったが、ダイエットで別人のように生まれ変わった女性を主人公に、もうひとりの美人との対決を描いたマンガがもりたゆうこの『恋の奇跡』(講談社)だ。

整形女子の対決を描いた埋もれた名作――整形と芸能界『恋の奇跡』
第1特集
不安定な心に近づくヨガブームに警鐘!【2】

ヨガでストレスだらけの赤黒いオーラから黄色いオーラに変化? ブレインヨガに潜入!

―― 「イルチブレインヨガ」の2000円の体験入会コースに潜入してみた。

ヨガでストレスだらけの赤黒いオーラから黄色いオーラに変化? ブレインヨガに潜入!
第1特集
不安定な心に近づくヨガブームに警鐘!【1】

カルト、霊感商法、使い捨てインストラクター…ヨガはカルト宗教の入り口? オウムも使った危険な勧誘術

―― 疲れたOLなどを中心に、美容の最先端として利用されているヨガだが、その内容は思想性をはらんでいる。教室では、ヨガの教えを説くあまり、常識から逸脱した思想にとらわれてしまう人もしばしば。さらに、新宗教が...

カルト、霊感商法、使い捨てインストラクター…ヨガはカルト宗教の入り口? オウムも使った危険な勧誘術
第1特集
美容部員たちのカネと恋愛【1】

麗しきメイクに隠された素顔とは? 勤務後は化粧落とさずキャバ嬢に! 現役美容部員たちの覆面座談会

―― むせ返るような香水のにおいが漂う百貨店の1階で、化粧品を販売する華やかな“美容部員”のお姉さんたち。資生堂、シャネル、クリスチャン・ディオールといったブランドの名を背負って働く彼女たちは、薄給でこき使...

麗しきメイクに隠された素顔とは? 勤務後は化粧落とさずキャバ嬢に! 現役美容部員たちの覆面座談会
第1特集
美容部員たちのカネと恋愛【2】

過酷な美容部員間の競争! 競合ブランドからの引き抜きも…美容部員の採用とは?

―― 美容部員の採用は、メーカーやブランドによってまちまちだそう。

過酷な美容部員間の競争! 競合ブランドからの引き抜きも…美容部員の採用とは?
第1特集
マラソン好き【村上春樹】の耐えられない軽さ

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!

―― 2007年に発売された村上春樹のエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』が、なんだか村上春樹すぎてどうにもこうにもムズがゆい。その名言の数々を、他の芸能人ランナーとの言葉になぞらえて勝手に分...

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!
第1特集
筋肉=笑いの方程式 【1】

今じゃタフネスからセクシーに様変わり!? 飛行機から落ちても死なない! 筋肉映画のバカさが許される理由

―― アーノルド・シュワルツェネッガーやシルヴェスター・スタローン主演の「筋肉映画」は、荒唐無稽の代名詞だが、それはストーリーのご都合主義か、そもそも過剰なまでに鍛え上げられた肉体は、もはやコミカルに見えて...

今じゃタフネスからセクシーに様変わり!? 飛行機から落ちても死なない! 筋肉映画のバカさが許される理由
第1特集
筋肉=笑いの方程式 【2】

筋肉コミュニケーション研究家・ジャスティス岩倉が推薦! マッチョ俳優たちのヤバすぎる筋肉を徹底解剖!

―― こちらの記事では筋肉映画と男らしさの変遷をたどってきたが、ここでは各俳優たちの筋肉の鍛え方や特徴を、俳優としても活動する、筋肉コミュニケーション研究家・ジャスティス岩倉氏が分析する。

筋肉コミュニケーション研究家・ジャスティス岩倉が推薦! マッチョ俳優たちのヤバすぎる筋肉を徹底解剖!
第1特集
コスメ業界のタブーな舞台裏【1】

美容商材と広告が作りだす夢ビジネスの虚像――売れ筋コスメも裏側は全部同じ? 美容業界最大タブーOEMと広告

―― 世にあまたある化粧品とともに、そのブランド数も無数にあるコスメ業界。彼らは広告費を大量投下することでそのブランド力を作り上げている。その裏には美容業界最大のタブーとも呼ばれる生産体制のカラクリがあるの...

美容商材と広告が作りだす夢ビジネスの虚像――売れ筋コスメも裏側は全部同じ? 美容業界最大タブーOEMと広告
第1特集
コスメ業界のタブーな舞台裏【2】

CGMはやっぱりオワコン化の運命? アットコスメはステマ? コスメ業界ネット宣伝事情

―― 大手メディアに大量の広告を投下して安心感を作り出し、ブランドの価値を高めてきたコスメ業界。ただし昨今では、ネットでの口コミなどから売れ筋商品が作られることも多いとか。そこで利用されるネット宣伝事情とは...

CGMはやっぱりオワコン化の運命? アットコスメはステマ? コスメ業界ネット宣伝事情
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』