> 連載  > 荻上チキの新世代リノベーション作戦会議
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 [最終回]

善意が煽る不安に踊らされるな! 「正しく怖がる」ために報道すべき"リスク"とは?【後編】

―― 【前編はこちら】 荻上 リスクというのは常にグラデュアル(段階的)なものですからね。  ただ、非専門家にしてみれば、いちいち日常の中でリスク判断を個別にして生きるのは効率が悪い。「ゼロリスク神話」を持...

善意が煽る不安に踊らされるな! 「正しく怖がる」ために報道すべき
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 [最終回]

善意が煽る不安に踊らされるな! 「正しく怖がる」ために報道すべき"リスク"とは?【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今回の提言 「リスク報道の役割を果たす為 科学的思考の共有を目指せ」 ゲスト/石戸諭[毎日新聞記者] 近年、ホメオパシーなどのニセ科学問題...

善意が煽る不安に踊らされるな! 「正しく怖がる」ために報道すべき
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第19回

農水省が農業改革の邪魔をする! 震災被害とTPPに揺れる日本の農業の今【後編】

―― 【前編はこちら】 日本の農家を再生させる「農地自由化5カ条」 浅川芳裕氏の著書『日本の農業が必ず復活する45の理由』(文藝春秋)。 荻上 突き詰めると、旧態依然として変えがたい農水省が邪魔をして……と...

農水省が農業改革の邪魔をする! 震災被害とTPPに揺れる日本の農業の今【後編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第19回

農水省が農業改革の邪魔をする! 震災被害とTPPに揺れる日本の農業の今【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今回の提言 「農家が少数派の今こそ提示する『農地自由化5カ条』」 ゲスト/浅川芳裕[「農業経営者」副編集長]  震災被害にTPPと、日本の農...

農水省が農業改革の邪魔をする! 震災被害とTPPに揺れる日本の農業の今【前編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第18回

「ウィキリークス」と「2ちゃんねる」の共通点とは!? 集合知の"正しき"扱い方【後編】

―― 【前編はこちら】 荻上 そもそも「集合知」という概念自体が、いまだ整理されていないと思います。多くの場合、「集合知」といえば、「皆が少しずつ力を合わせれば、大きな力になる」とイメージするでしょう。こう...

「ウィキリークス」と「2ちゃんねる」の共通点とは!? 集合知の
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第18回

「ウィキリークス」と「2ちゃんねる」の共通点とは!? 集合知の"正しき"扱い方【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今回の提言 「技術と思想の両輪でウィキリークス後の社会を構想せよ」 ゲスト/塚越健司[社会哲学者]  07年の公開以来、全世界において注目を...

「ウィキリークス」と「2ちゃんねる」の共通点とは!? 集合知の
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第17回

『震災以降も「原子力ムラ」は何も変わっていない』 原発と共に生きる人たちの現実【後編】

―― 【前編はこちら】 真に弱者の立場に立った「神話」をいかに作るか 開沼博氏の著書『「フクシマ」論』。 荻上 なるほど。今の対立図式なら、「わかった、まずは検査をし、実態を把握しよう」というのが通常の科学...

『震災以降も「原子力ムラ」は何も変わっていない』 原発と共に生きる人たちの現実【後編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第17回

『震災以降も「原子力ムラ」は何も変わっていない』 原発と共に生きる人たちの現実【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今月の提言 「脱原発議論が捕促しない地元のリアリティを見よ」 ゲスト/開沼博[社会学者]  原発事故から半年がたった。「脱原発」をぶち上げ...

『震災以降も「原子力ムラ」は何も変わっていない』 原発と共に生きる人たちの現実【前編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第16回

「死」の匂いをメディアが排除する! 被災地でジャーナリストが見た軍事的リアリズム【後編】

―― 【前編はこちら】 徹底したリアリズムで危険を見積もる軍事組織 『東日本大震災 自衛隊もう1つの最前線』 荻上 そこで注意が必要だと思うのは、有事に備えることは大事でも、過剰適応した形でシステムの組み替...

「死」の匂いをメディアが排除する! 被災地でジャーナリストが見た軍事的リアリズム【後編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第16回

「死」の匂いをメディアが排除する! 被災地でジャーナリストが見た軍事的リアリズム【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今月の提言 「政治も今後の安保論議も 自衛隊が持つ現実性に学べ!」 ゲスト/田上順唯[フリージャーナリスト]  1954年の創設以来、数々...

「死」の匂いをメディアが排除する! 被災地でジャーナリストが見た軍事的リアリズム【前編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第15回

政府や県が市町村復興の足を引っぱる!? 肥大化した政府が生んだ地域医療への障害【後編】

―― 【前編はこちら】 実情を無視した不合理な医療体制をいかに変えるか 荻上 政府や県は、実態に合わない一律のやり方を押しつけることによって、産業や医療の現状をズタボロにしている。しかし、そもそも震災や原発...

政府や県が市町村復興の足を引っぱる!? 肥大化した政府が生んだ地域医療への障害【後編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第15回

政府や県が市町村復興の足を引っぱる!? 肥大化した政府が生んだ地域医療への障害【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今回の提言 「政府でなく県でもなく 地域主導で被災地医療を!」 ゲスト/上 昌広[医師]  病院間のたらい回しや医師不足など、現行の医療制度...

政府や県が市町村復興の足を引っぱる!? 肥大化した政府が生んだ地域医療への障害【前編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第14回

ボランティアより被災者が働くべき!? 注目を集める復興支援策「キャッシュ・フォー・ワーク」とは?【後編】

―― 【前編はこちら】 適切な災害支援のバックアップの枠組みとは 金子良事氏と共に、日本でCFWの研究を進める永松伸吾氏が寄稿している「atプラス08」。 荻上 政策的な枠組みの面では、例えば辻元清美が内閣...

ボランティアより被災者が働くべき!? 注目を集める復興支援策「キャッシュ・フォー・ワーク」とは?【後編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第14回

ボランティアより被災者が働くべき!? 注目を集める復興支援策「キャッシュ・フォー・ワーク」とは?【前編】

―― ──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言 ■今回の提言 「被災者自身の労働でお金を 回して災害からの復興を!」 ゲスト/金子良事[社会政策・労働問題研究者]  東日本大震災から3カ月が...

ボランティアより被災者が働くべき!? 注目を集める復興支援策「キャッシュ・フォー・ワーク」とは?【前編】
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 第13回

青少年健全育成条例改正問題に見る都政の機能不全【後編】

―― 【前半はこちら】 自主規制に引きこもらず、さらなる議論と発信を 『非実在青少年〈規制反対〉読本』 荻上 「本当は」多面的な住民益、を可視化することこそ政治の役割ですからね。例えば今年11年は、ペット販...

青少年健全育成条例改正問題に見る都政の機能不全【後編】
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』