> 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第75回

『とくダネ!』小倉は、平成の伊能忠敬か!?朝の情報番組ぶった斬り!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。 近ごろバラエティ番組によく出...

『とくダネ!』小倉は、平成の伊能忠敬か!?朝の情報番組ぶった斬り!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第75回

2011年は国家による合法的な「いじめ」の年。"忘年"してはダメだ!!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。 12月9日、新刊『飲んで暴れ...

 2011年は国家による合法的な「いじめ」の年。
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第74回

高校球児よ、見よ!人前で泣く清武ではなく、涙をこらえる清原の姿を。

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。 対談で、清原が野球界に戻りた...

高校球児よ、見よ!人前で泣く清武ではなく、涙をこらえる清原の姿を。
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第73回

パイパン礼賛文化は、反逆者を徹底排除する感覚に通じている!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。 10月21日、「第11回熟女...

パイパン礼賛文化は、反逆者を徹底排除する感覚に通じている!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第72回

ビートたけしが過去の暴力団との交際を告白 これぞ傾奇者の究極だ

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。 写真は、09年に会食したとき...

ビートたけしが過去の暴力団との交際を告白 これぞ傾奇者の究極だ
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第71回

高須逮捕の怪情報が業界内を駆け巡る! 容疑はアソコにあり!?

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。 6月末、私が毎年審査委員長を...

高須逮捕の怪情報が業界内を駆け巡る! 容疑はアソコにあり!?
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第70回

再就職先と名誉を得ようと必死なシニアボランティアの代表・山田氏に吠える!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。 70年安保のジジイが、60年...

再就職先と名誉を得ようと必死なシニアボランティアの代表・山田氏に吠える!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第69回

顰蹙は金を払ってでも買え そう語った団鬼六の葬儀に大型バスで乗り込んだ!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。 団さんとは、05年に「大人の...

顰蹙は金を払ってでも買え そう語った団鬼六の葬儀に大型バスで乗り込んだ!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第67回

『トラブルなう』で嘘が露呈した久田将義よ、 おまえを全力で守るぞ!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。 4月10日、格闘技「HEAR...

『トラブルなう』で嘘が露呈した久田将義よ、 おまえを全力で守るぞ!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第67回

永田洋子も菅直人も、 ところてんのごとく 押し出されたリーダーだ!

―― 永田を送る会にて。永田の弁護士が言った。「東日本大地震は犠牲者2万人を超える大惨事となるだろう。だが、死を数でとらえてはいけない。ひとりでも死は死である」。正面のテーブルには、永田の棺の写真とそれを乗...

永田洋子も菅直人も、 ところてんのごとく 押し出されたリーダーだ!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第66回

ポールダンサー修業中!?小向美奈子をめぐる騒動のウラにある警察の思惑とは

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。 私がプロデュースにかかわって...

ポールダンサー修業中!?小向美奈子をめぐる騒動のウラにある警察の思惑とは
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第65回

尿漏れの香りの岩井志麻子、 中村うさぎらに代わるのは、 あの匂い漂うマツコと......

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。  TOKYO MX『5時に夢...

尿漏れの香りの岩井志麻子、 中村うさぎらに代わるのは、 あの匂い漂うマツコと......
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第64回

『スーパーモーニング』の「サンデー毎日」山田編集長君はまるで南極2号だ!

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。 12月下旬に行われた、警察ジ...

『スーパーモーニング』の「サンデー毎日」山田編集長君はまるで南極2号だ!
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第63回

学生時の逮捕から現在までお世話になった女性たちをすべて実名で振り返る

―― 「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。 トミー時代、UNOカード日本...

学生時の逮捕から現在までお世話になった女性たちをすべて実名で振り返る
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第62回

チリ落盤事故で出演 33人の手記出版と足尾銅山 そして、アニータと私

―― 10月21日、新宿ロフトプラスワンで「第9回 熟女クイーンコンテスト」が開催された。会場は超満員。審査委員長はやくみつる、ゲストに丸茂ジュン、南部虎弾。そして、特別ゲストに島田陽子が登場! 優勝は本...

チリ落盤事故で出演 33人の手記出版と足尾銅山 そして、アニータと私
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』