> 連載  > 元栃桜の「どっこい人生」
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第85回

「中学中退」して力士デビューした"春"

――  ここ数回、俺が春日野部屋に入門した頃の昔話をさせてもらっていたが、もう1回だけ話をさせていただきたい。毎年4月、入学シーズンとなり、新しい環境に身を投じる子どもや若者たちは多いが、俺のように田舎か...

「中学中退」して力士デビューした
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第84回

親方と力士の本当の関係

――  このところ、相撲界では、世間の目が土俵の外のドタバタばかりに向いていて、相撲をこよなく愛する俺としては悲しいばかりだ。  俺以上に相撲を愛し、現役時代は大横綱・栃錦として、引退後は年寄・春日野を襲...

親方と力士の本当の関係
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第83回

おやじ(元横綱・栃錦)との永遠の別れ

――  年が明け、この時期になると思い出すのが、力士時代の師匠、春日野親方との別れだ。1月10日は、俺が「おやじ」と慕っていた親方の命日なのである。  春日野親方は、現役時代は「土俵の名人」と呼ばれた横綱...

おやじ(元横綱・栃錦)との永遠の別れ
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第82回

おやじが教えてくれた「桜のごとき」金の使い方

――  世の中、不景気だの、消費が冷え込んでいるだのといった暗いニュースばかりが流れている。景気をよくするには、国民がもっとお金を使うようにならなければならないなんてが言われているが、そんなことを聞くと、...

おやじが教えてくれた「桜のごとき」金の使い方
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第81回

相撲部屋を裏で支える女将さんという存在

――  今回は、相撲界を陰で支え続ける女将さんという存在とその思い出を書いてみたい。  親方が相撲部屋における表の看板(顔)なら、裏の看板は女将さんだ。女将さんの存在を語らずして、相撲部屋の話はできない。...

相撲部屋を裏で支える女将さんという存在
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第80回

栃桜というハチャメチャ力士のこと

―― ――破天荒な各界一の型破りな元お相撲さんによる人生譚。  今回でこの連載を始めて早80回になる。もう7年近く続けているんだなぁ。  まぁ、こうなると、この連載を最初から読んでいる読者は当然少なくなって...

栃桜というハチャメチャ力士のこと
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第79回

恋はすばらしき、されど魔物なり

――  今回も、前回に引き続いて若い力士と女性関係について少々深い話をしてみたい。  言わずもがな、若い力士が恋などにうつつを抜かしてなどいては、大事な修業に身が入らなくなり、関取への道は遠くなるばかりか...

恋はすばらしき、されど魔物なり
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第78回

なぜ力士の女房は年上が多いのか?

――  今回は、還暦を過ぎた男が柄でもないと言われそうだが、力士の色恋沙汰について書いてみたい。なんとなく、そんな気分なんだから、いいじゃないか。  力士にとって、恋をすることは、相撲人生を左右する大きな...

なぜ力士の女房は年上が多いのか?
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第77回

仙人は本当に栃木の山奥に実在している、という話

――  そんなことを言うと、頭が変になったと思われるかもしれないが、俺が尊敬する人のひとりに「仙人」がいる。そう、マンガや映画に出てくるような、あの仙人を想像していただいて結構だ。  その人は、職業や肩書...

仙人は本当に栃木の山奥に実在している、という話
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第76回

殉国七士の遺骨が祀られた墓を知っているか?

――  去る4月29日、俺は愛知県幡豆郡幡豆町三ヶ根山の山頂にいた。ここに何があるかを知っている日本人は、ごく少数だろう。  ここには「殉国七士の墓」、または「殉国七士廟」と呼ばれるものが建立されている。...

殉国七士の遺骨が祀られた墓を知っているか?
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第75回

神様の前で犯したイタズラと、皇族に犯したドタキャン

――  相撲界では、3月の大阪場所が終わると、三重県伊勢市にある伊勢神宮で奉納相撲をする。相撲が神事でもあることは知っていると思うが、その地域を守る神々に、力士たちが磨き抜かれた技を奉納するという奉納相撲も...

神様の前で犯したイタズラと、皇族に犯したドタキャン
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第74回

親友・綾小路きみまろをぶっ飛ばしたときのこと

――  今回は、俺の大親友である綾小路きみまろについて語らせてもらいたい。最近は、テレビにお笑い芸人があふれているが、同じ芸人でも、きみまろが歩いてきた道はほかの芸人とは大きく異なっている。きみまろは、日...

親友・綾小路きみまろをぶっ飛ばしたときのこと
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第73回

なぜ、土俵は丸いのか?

――  朝青竜の復活優勝で、最近では稀に見る盛り上がりを見せた大相撲の初場所だった。といっても、話題はよくも悪くも朝青竜のことばかりで、本当の相撲人気の復活とは言えない。だが、大の相撲ファンを自認する俺か...

なぜ、土俵は丸いのか?
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第72回

今の相撲界と力士がいちばん求められているものとは?

――  前回は立ち合い問題について、俺なりの意見を述べさせてもらった。今回はもっと大きな話として、今の大相撲について感じていることを話させてもらいたい。  立ち合いで両手を土俵につくというルールのおかげで...

今の相撲界と力士がいちばん求められているものとは?
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第71回

相撲の魅力を半減させる「立合い問題」について

――  今回は、大相撲を愛するひとりとして、自分自身、相撲を取った経験者として、少々専門的になってしまうが、今の相撲界にひとつの提言をしたい。最近話題になっている「立ち合いの手つき」問題についてだ。俺のよ...

相撲の魅力を半減させる「立合い問題」について
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』